« 第25話「Tattoo(天の精霊)」 | トップページ | 中国 小皇帝の涙 »

第26話「Cold Fire(管理者サスピリア)」

 もう1つのオカンパに、もう1人の管理者。

※ネタバレです。

 10ヶ月前の1話の話が出てきます。おぉ、いつもと違う始まり方。

10ヵ月後。トゥヴォックと精神融合するケス。クルーの声が聞こえます。1つに集中すると、ニーリックスの声が聞こえてくる。すげー、こんなことできるの?トゥヴォックも?プライバシーはどうなる?誰かに髪を切ってもらってるのがおかしくて、笑うと「激しい感情を抑えられるようにならないと」なんて言われちゃって。

訓練のせいで医療室に遅刻したケス。訓練は順調なようだけどドクターはなにかを心配してます。その時、医療室に保管してあった、管理者の遺体がビーっと音を立てて揺れた!

その時には生命反応まであった。また揺れはじめる。でも「生きてる」訳じゃなくて、同じスポロキスト型の生命エネルギーが遠くから発せられていた。仲間を見つければ帰れるかもしれない。探しに行くのに、トゥヴォックは防衛策として生命体を弱らせるものを作ろうと提案します。要所で副長を見る艦長ですが、アイコンタクトだけで副長は何も言いません。再び音が鳴って、エネルギー発信源が判明する。

行ってみると、管理者のアレイにそっくり(でも小型)のアレイがあった。生命体がいて、なんとオカンパ人だった。しかしオカンパ人は「ここからすぐに立ち去れ」と言った。

そっけないオカンパ人にケスを見せて会うことになった。でもヴォイジャーの評判は良くないみたい。管理者を殺し、ケイゾンに戦争をふっかけ、星の資源を荒らしてる「死の船」と思われてるようです。その情報はどこから来る?弁明する艦長たちを無視して、テレパシーで話しかけてくるタニス。やな感じ。それに応ずるケスもやな感じ。タニスに言われて、栽培室を見せるケス。タニスに言わせればヴォイジャーは「命が感じられない、隔離されてる」のだそうだ。その上、タニスは14歳だという。人間で言うと140歳くらい?オォー。彼らは、サスピリア(管理者2号)に連れられて、強くなることや超能力を教わったと言う。あっという間に生い茂る植物たち。やるだけやって、タニスやり逃げ。

艦長にはタニスと会う時は用心してと言われるが、彼の警戒心を解いたケスの警戒心も、もう解かれてしまったようだ。

タニスはサスピリアと交信。「少女に興味はない、お前にやろう。それより船だ」って、サスピリア超怖い。

タニスをかこんでお食事会。タニスのお父さんは20歳まで生きたらしい。そしていきなりケスにアレイで暮らせばいいと言い出した。動揺満開のニーリックス。艦長はゆっくり考えて、とフォロー。ケスは能力について興味がある様子。タニスは訓練を申し出た。

トゥヴォックはスポロキスト型にきく毒物を完成。一時的な麻痺を起こす。

タニスの訓練。カップを動かそうとするときは「中身を飲む」中身の温度を上げたければ「火で温める」と考える。コツを掴むケスに喜ぶニーリックス。私だったら恋人がそんなになったらちょっと気味悪く思うけどな。

サスピリアとの会合場所につくヴォイジャー。亜空間搬送波をおくって様子を見ます。

上達した技をトゥヴォックに披露するケス。ところが止められなくなる。カップが割れ、トゥヴォックまで血(?緑だし!しかもあの目!)を流して倒れてしまいます。煮えられても無事だったトゥヴォックだけど、ケスには優しく訓練の続行を伝えます。

不安になったケスだけど、栽培室でタニスに色々言われます。やっぱりこいつやな感じ。心の目で花を感じろという言葉に従い、火まで熾してしまうケス。栽培室の草花はみんな死んでしまった。タニスは「生かすのも殺すのも同じだ。君はこの船では暮らせない」と迫る。無理強いはしなと言うものの、魅力的(?)な話をします。

サスピリアが現れた。報告するベラナの後ろに、気味悪い生き物が迫ります。

食堂で考えるケスに、タニスは「もう行こう」と。無理強いはしないんじゃなかったの?

機関室へ行ったトゥヴォックたちは、管理者を見つけます。艦長も向かうけれど、機関室には少女が1人。管理者の遺体を抱いて悲しむサスピリア。

食堂のケスは、サスピリアの敵意を感じ取る。彼を殺したと思っているのだ。艦長の肩に血が…見上げた先には、トリヴォックとベラナが浮いていた!艦長にも襲い掛かるサスピリア。船の原子構造も崩れかけている。

食堂ではニーリックスをふっとばし、ケスに迫るタニス。ケスがタニスを睨むと、機関室でサスピリアも弱まり、艦長たちに捕らえられます。でも、艦長はサスピリアを解放します。サスピリアはタニスをつれて帰ります。何も残さずに。

ケスの能力はまた元に戻った。心のどこかで植物を焼き殺したことを楽しんでいたから、もう力を使いたくないというケスに「力は恐れずにコントロールすることが大切だ」といい、トゥヴォックは訓練を再開します。

今回のお題。原題は「冷たい火」。「冷たい」ってなんでしょうね。実際温度は上がっていたわけだから、冷たいことはないでしょうよ。「火」は、オカンパが持つ能力を例えています。トゥヴォックが言ったように、コントロールすることで人間は発展してきました。邦題「管理者サスピリア」。「サスピリア」だけでいいんじゃないでしょうか?でもそもそも「火」から離れては、今回の主題を表現できないのでは?

|

« 第25話「Tattoo(天の精霊)」 | トップページ | 中国 小皇帝の涙 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/9770975

この記事へのトラックバック一覧です: 第26話「Cold Fire(管理者サスピリア)」:

« 第25話「Tattoo(天の精霊)」 | トップページ | 中国 小皇帝の涙 »