« 第36話「Investigations(パリスの裏切り)」 | トップページ | 第38話「Innocence(怯える子供達)」 »

第37話「Deadlock(二つのヴォイジャー)」

 ヴォイジャーも二つ、艦長も二人。

※ネタバレです。

 「二人とも元気?」と食堂でワイルドマンに声を掛けるニーリックス。もう臨月ですね。妊婦にコンロの修理を頼んじゃうシェフ。レプリケーターまで調子悪い、野菜が黄色がかる。カロチン採れていいんじゃない?そんなとき、陣痛が始まります。24世紀でも、お産は変わらないんですね。「いきんで!」「簡単に言うんじゃないわよ!」

ブリッジで歩き回る艦長。7時間後、落ち着かないのは艦長だけじゃない。トゥヴォックだけは自分の子供が96時間かかったから、余裕です。艦長は子供が育つ環境が心配だけど、副長は「今居る所が我が家だ」という言葉を。

ヴィディア人の集団が現れて、それを避けるために、ヴォイジャーは星雲へと向かいます。医療室ではワイルドマンが異質な痛みを感じる。赤ちゃんの額には突起があって、それが母体に傷をつけてるのね。赤ちゃんを転送するドクター。すっげー楽な出産。でも血液のバランスが悪いんだ、リスクがあるのね。

亜空間の流れに捕まったヴォイジャー、エンジンもスラスターもメインパワーも止まった。船のあちこちでパワーが落ちて、ベラナがやる前にプロトン放射。医療室ではけが人が続々運ばれてきます。医療室は戦場、機関室は瓦礫が散乱、艦の強度も落ちます。センサーでは艦から出ているはずのプロトン放射。ハリーは艦の亀裂を塞ぎに向かいます。

医療室では赤ちゃんがピンチ。ドクターも消えかかります。亀裂を塞ぎに向かったチーム。ホーガンが負傷します。

赤ちゃんは、治療の甲斐もなく死んでしまう。でも、ホーガンからの要請を受けて、ケスは治療へ。悲しんでいる暇はない。亀裂の広がった隔壁では、ハリーが飛ばされてしまいます。

ホーガンを助けに走ってきたケスは、空間の隙間に消えていきます。どんどん来るプロトン放射、艦長も投げ出されて、お顔に傷が!船体に磁気を這わせてなんとか放射を止めますが、艦はボロボロ。ところが、磁気が消えて、ブリッジにも火が。ギリギリで非難する艦長(以降艦長1)は、コマンド席に普通に座っている自分と副長を見ます。その艦長(以降艦長2)と目が合って…。(以降、後出のクルーは「○○2」)

艦長2にも艦長1が見えたようです。こちらのヴォイジャー(以降ヴォイジャー2)は無事。ブリッジをくまなくスキャンするように指示する艦長2。医療室では赤ちゃん2の無事を喜ぶドクター2たち。艦長2も来ます。やっぱりワイルドマンは赤ちゃんが男だと思ってたみたいですね。問題は「もう1人の患者」。DNAがほとんどケス2と一致する、ケス1の姿だった。

ケス1の話で、「もう1つのヴォイジャー」の存在を確信する艦長2。亜空間に捕まった時、艦ごとほぼ全てが複製されたらしい…反物質を除いて。これでは艦が動かない。合体する方法を探すクルー2。

医療室では幸せなワイルドマン2と赤ちゃん2。赤ちゃん1の死を見たケス1には辛いね。

ヴォイジャー1では機関室をブリッジに。ヴォイジャー2からの通信で、1のほうもヴォイジャー2を認識します。2隻を合体させるために、パワーをフル活用してパルスを発射。重なったりずれたりを繰り返すヴォイジャー。目がチカチカします(☆。☆)。合体は失敗。でも、ケス1が消えた隙間を使ってケス1と艦長2がヴォイジャー1へ。艦長が二人、最強だわ。二人で話し合うけれど、いい案は出ません。艦長1はヴォイジャー1を自爆させようとします。それにしても、二人並ぶと怪我した艦長1がおいたわしい。艦長2は15分だけ時間をもらって、ヴォイジャー2に戻ります。

そんなとき、ヴィディア人が迫る。なんか顔の歪みが増してませんか?ヴィディアの攻撃。ヴォイジャー2は衝撃があるけれど、ヴォイジャー1には何もない。ヴィディアに潜入されるヴォイジャー2、次々とクルーがやられていきます。ドクター2は赤ちゃん2を抱えて隠れます。その時、医療室にもヴィディア人が。艦長2はハリー2と赤ちゃん2をヴォイジャー1へ送って、ヴォイジャー2を爆破させることにします。「必ず地球へ帰る」自分との約束。自爆シークエンスを開始させる艦長2。

医療室ではハリー2が赤ちゃん2を助け出し、ブリッジにはヴィディアが。ヴォイジャー2は自爆し、ヴィディアの船も破壊。ヴォイジャー1にはハリー2と赤ちゃん2が無事到着。

医療室で報告するトゥヴォック。艦長は自問自答。ワイルドマンたちは赤ちゃんを囲んで幸せ。

ハリーはちょっと複雑。宇宙の旅に付き物の、「奇妙」を体験したんですからね。

レビューではこんがらがってきますが、艦長が大活躍ですし、きれいなヴォイジャー2のほうが爆破するというどんでん返しもあって、好きなエピです。

今回のお題。原題「Deadlock」は「行き詰まり」。「安全錠」という意味もありますが、これはこのエピには合いませんね。邦題のほうがエピを象徴しているように思いますが「二つのヴォイジャー」じゃなくて、艦長が言った「もう一つのヴォイジャー」にしてほしかったかも。もっとシンプルにいくなら「分岐点」なんてのもありだと思います。

|

« 第36話「Investigations(パリスの裏切り)」 | トップページ | 第38話「Innocence(怯える子供達)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/9873569

この記事へのトラックバック一覧です: 第37話「Deadlock(二つのヴォイジャー)」:

« 第36話「Investigations(パリスの裏切り)」 | トップページ | 第38話「Innocence(怯える子供達)」 »