« 第32話「Meld(殺人犯スーダー)」 | トップページ | 第34話「Death Wish(Q1,Q2)」 »

第33話「Dreadnought(惑星破壊ミサイル)」

 ベラナがプログラムしたミサイルが、星を破壊する!

※ネタバレです。

 だいぶお腹が大きくなったワイルドマン。「グレスクレンドリック」という名前は…。他にも色々考えるけど、地球ではいい名前でも他の星ではやばい意味なのねー。ところで、スラールという独裁者がいた星「サクラプライム」って桜プライム?ケスはお父さんの名前を勧めます。男の子って前提で話が進んでるんですね。ドクターはちょっと拗ねちゃって。

宇宙に散らばる破片。けっこう強力な武器にやられたらしいので、分析します。カーデシアの武器だった。おぉ、セスカか!?ベラナは「セスカじゃなく…私です」と。なぬ?おぬしもスパイか!

会議に遅れるトム。ミサイルは最新式のコンピュータが搭載されてて、臨機応変に攻撃したり考えるものだ。それをベラナがプログラムし直した。何とかしないとね。トムとベラナが追跡に。ミーティング終りに、副長がトムを注意します。なんだかこないだから雰囲気悪いなー。

ベラナは若干落ち込み気味。ミサイル・ドレッドノートの再設定は彼女の独断だった。あらゆる可能性を想定してプログラムした、しかも自分の声で。副長に「ショックだったよ」と言われたことを忘れられないベラナ。おう、やっぱ好きなのか。ところでトムはちょっと変。ふてくされてますね。

ドレッドノートに追いついたヴォイジャー。あら、艦長と副長の立ち位置が逆です。それより、ドレッドノートはターゲットをロック。人が沢山住んでいる星だった。

ジョナス!お前まだ情報流してるのか!でもなかなか信用されないようね。

艦長はターゲットのラコザ星の人と話しても、あんまり警戒を解いてはもらえない。ベラナはドレッドノートに乗り込む。自分の声のコンピューターとお話。システムを初期化して、ドレッドノートは正しい位置を認識。無事停止します。あら、ずいぶん簡単じゃございません?ほら、やっぱりまたワープに入りました。ドレッドノートはベラナがカーデシアに脅迫されて偽の情報を入れたと認識した…ひねくれたミサイル。艦長はベラナを睨みつけます。艦長、それはちょっと可哀想では…。

ミサイルはヴォイジャーの攻撃を利用して、艦を停止させてしまう。それをラコザに報告する艦長。クルーの安否を気にするラコザさん。お、ケランさんいい人だ。ラコザも命を賭けて特攻任務をも辞さない覚悟だ。

ベラナは何とかドレッドノートに乗り込みます。でもベラナを拒否するドレッドノート。ところがラコザの船隊が来て、ピンチ。ドレッドノートが超強くて、船隊は退却したけれど、ヴォイジャーとの通信も切れてしまう。これで一対一。仮説を立てて推論ゲームをするベラナ。でもひねくれもののドレッドノートはベラナがカーデシアの見方だと思い込んで生命維持装置を止めてしまう。

ラコザまであと41分。艦長はヴォイジャーをぶつけてミサイルを止める、とケランに伝えます。ケランは心打たれた様子ですね。

艦長は副長にクルーを任せて自爆シークエンスを起動します。

ベラナは隠れていたカーデシアのプログラムを起動しなおします。対抗する2つのプログラム。その隙を縫って、ベラナはミサイルのコアに入ってコアを壊そうとしてます。空気が薄くて苦しい。

艦長は上級仕官も非難させます。トムは「ありがとうございました」と言い残します。トゥヴォックは艦長と共に船に残ります。

ベラナは苦しみながらも、ドレッドノートを破壊。その瞬間、艦長はベラナを転送してヴォイジャーを反転、かっこいー!

ドクター(がいるのを忘れてたby艦長)からベラナが無事だと聞いた艦長。ほっとしてクルーの回収準備に向かいます。

ベラナが自分の作ったものを壊す、パート2です。もうちょっと間を開けて欲しいものですが…。自分の声と対峙するというのは、なかなか面白いですね。

今回のお題。原題「Dreadnought」は固有名詞ですが、あえて意味を出すと「dread」は「恐れる」、「nought」は「無価値な」です。翻訳すると「恐るに足りぬ」といったところでしょうか X^2さんのご指摘を頂いて修正「恐れを知らない(猛者)」。邦題「惑星破壊ミサイル」。まそうなんだけど…、もうちょっと別のなかったんですかね。「ミサイル」だけにするとか、カタカナで「ドレッドノート」てのもかっこいいじゃないですか。

|

« 第32話「Meld(殺人犯スーダー)」 | トップページ | 第34話「Death Wish(Q1,Q2)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

"Dreadnought"は、「恐るに足りぬ」ではなくて、「恐れを知らない(猛者)」という意味です。この名前は"Enterprise"と同様に英国や米国の歴代の戦艦に使われており、大型戦艦を意味する「弩級戦艦」の「弩級」はドレッドノードクラスの事です。

投稿: X^2 | 2008年1月13日 (日) 15時48分

>X^2さん
おぉ!なるほど、「恐るに足りぬ」だと受身になっちゃいますね。全然逆の意味だ…。失礼しました。それにしてもお詳しいですねー、ソンケー(*^。^*)
修正させていただきます!ありがとうございました!

投稿: 浅木 | 2008年1月13日 (日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/9836749

この記事へのトラックバック一覧です: 第33話「Dreadnought(惑星破壊ミサイル)」:

« 第32話「Meld(殺人犯スーダー)」 | トップページ | 第34話「Death Wish(Q1,Q2)」 »