« 第52話「Warlord(暴君の星)」 | トップページ | 昼の魔王 »

第53話「The Q and The Grey(レディQ)」

 出たっ!Qー!今度は艦長に、プロポーズ!

※ネタバレです。

 超新星の爆発を観察するヴォイジャー。ニーリックスの感動は「ワーオ!」です。おっと、艦長の髪飾りが金色から銀色に、そして小さな2連のものになってます。データの分析をしようという艦長ですが、「14時間勤務でしょう、休んでください」と副長に言われて、部屋へ。副長…若干嬉しそうですが?

部屋にはムーディな音楽が流れ、真っ赤なテラテラ、ハートのベッド。Qが現れました。ロマンチックに迫ろうとするQをにべも無くあしらう艦長。でもQは艦長をピンクのナイティにして、「君を母親に選んだんだよ、私の子供の」と。爆弾発言‼

Qが着替えさせた艦長は、ざっくりスリットの下に、何も着てません。ま、すぐガウンを着ちゃうんですけど…。Q、そうとう惚れちゃったようで「情熱的で毅然として美しい」…それは、そうだ。「私のことは、諦めて頂戴」ときっぱり断った艦長ですが、Qは「いいね、落としがいがある」と言って消えます。艦長はブリッジに報告、副長に「Qはなにしに?」聞かれて「個人的な用、とだけ言っておくわ」という艦長。そりゃ、ブリッジに中継されてますから、いえませんよねー。

翌日、作戦室。艦長はお疲れのようです。副長はデータの報告にかこつけて、昨日のことを聞き出します。「個人的な用件というのが気になって…」そうでしょう、そうでしょう。艦長、副長を見上げて…「私と寝たい、と言ったのよ」おー爆弾発言2。「私の立ち入ることではないんですが、気になって仕方ないんです」←告ってますよね、コレって。伝説やなんかより、ずっと直球。

Qが何度も現れるので、他に目的があると見た艦長は、クルーにQの真意を追及するように命じます。ということは、クルーの前で言ったんですか、Qは「私と寝たいと言った」って?

リゾートプログラムで報告書を書くハリーとトム。そこへ艦長を落とせないQが現れて、彼女を落とす方法を聞きに来ます。ハリーもトムも、ニーリックスも、Qには迷惑してるみたいです。

作戦室。ソファに座っている艦長は、デスクの下にいる子犬を見つけます。当然Qの仕業。するとQは「話をしよう」と言ってきます。「寂しい」とかなんとか言ってますが、どうやら艦長と子供を作りたいのは本気の模様。ちなみに、この「最初は楽しかったよ~云々」という台詞は、NG集でデランシーさんが何度も失敗していたもの。そんな時、女性のQが現れ、「メス犬と何してるのよ?…子犬のことじゃないわ」と衝撃発言!デランシーさんも艦長もお口あんぐり。

女性Q、ERのウィーバー先生の声です。どうやらQにとっては元カノらしいんですが、ミスQは未練があるようです。

同じ星団で超新星が、これは異常な頻度。衝撃波がせまってきます。Qに「何とかして」というと、Qと艦長、それにミスQが消えてしまいました。衝撃波にのまれるヴォイジャー。

艦長は素敵なドレスで屋敷にいました。Qは北軍将校。Q連続体のアレンジ、今回は南北戦争Ver.連続体は内戦状態でした。原因はヴォイジャーで自殺したQ=クイン。Qを中心としたクインの思想主義者は連続体の生まれ変わりを望んで戦いを始めたのでした。艦長との子供は、これを止める新種となるのでした。そういう間にも、銃弾が飛んできて、Qの肩から血が!

被害甚大のヴォイジャーですが、副長が気になるのは艦長。ミスQにくってかかります。彼女はなぜか力を失っているようです。

Qのくせに艦長に手当てをうけるQ。外からの降伏要請にも応じず、再び撃たれます。艦長はQを抱えて外へ逃げ出します。

ミスQ、基レディQの指示でヴォイジャーの改造をしているクルー。さんざん邪魔しといて「クリンゴンの女は威勢がいいから好き」って、よく分からん。

キャンプにたどり着いた艦長とQ。艦長はレディQと子供を作るべきだというと、Qは「したことない」…そうなの。艦長は、Qの望む人間性や思いやりはDNAでは解決しないと諭します。そして、敵側に白旗を持って停戦を求めにいきます。

レディQの指示で、かなり危険な賭けに出、ヴォイジャーは超新星に突っ込みます。艦長を助けるために。

敵方に乗り込んだ艦長。敵方のお方は丁寧な口ぶりでしたが、Qを捕らえ、しかも艦長も一緒に死刑に処すると言い出しました。縛られる艦長とQ、艦長は「思想の違いを暴力で解決しないで!」と訴えます。Qも「この女性だけは」と殊勝なことを。聞き入れられるはずも無く、撃たれるーって時に、これまたコスプレのトムや副長が助けに来ます。トゥヴォック、ハリー、レディQもドレスアップ。一気に形勢逆転です。そして、停戦。

レディQとよりを戻したQは早速子作りに取り掛かります。しかも、艦長に「見たくないの?」って、艦長!見るんですか!Qたちは指を合わせて…おしまい。「それだけ?!」艦長、何を期待なさってたんでしょう。

無事ヴォイジャーに戻ってきた艦長副長以下クルー。連続体も終戦したようです。安心して作戦室へ行った艦長は、子供を抱いたQを見つけます。妊娠期間無いのか!キャシーおばさんに、名付け親(この場合は後見でしょう)になって欲しいというQ。笑顔で2人を見送った艦長です。

コメディタッチで、本当に面白かった!艦長の見所も沢山で、満足ですー。

今回のお題。原題「The Q and The Grey」…「Grey」って何?ホントに分らないので、何も言えません。邦題「レディQ」、あの50億歳のおばさんがメインなの?その割には出番少ないよねー。

|

« 第52話「Warlord(暴君の星)」 | トップページ | 昼の魔王 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/9995536

この記事へのトラックバック一覧です: 第53話「The Q and The Grey(レディQ)」:

« 第52話「Warlord(暴君の星)」 | トップページ | 昼の魔王 »