« 弟の悲劇 | トップページ | 第53話「The Q and The Grey(レディQ)」 »

第52話「Warlord(暴君の星)」

 ケ、ケス…?

※ネタバレです。

 なにやら足をもまれて、信じられない顔と声のニーリックス。新しいホロ・プログラムのようです。南国リゾート。ハリーとトムは、静かな南国をカリブ風にアレンジ。これから楽しいって時に、上級仕官に召集がかかります。

ヴォイジャーが遭遇したのは、爆発寸前の難破船。間一髪で助け出します。医療室ではケスとドクターが治療します。が、ティエランという男性が死亡。彼を「夫」と呼んだ女性を慰めるケス。

作戦室。助かった2人とコーヒーを飲む艦長。ノーリ(女性)は国王のイトコ。2人をイラーリという星まで送っていくことになったみたいですね。

リゾートプログラムでは、ケスに約束をすっぽかされたニーリックス。ベラナは男性のキャラクターを追加して楽しんでます。おっと、それはキワドイ…。転送室のケスを呼び出したニーリックスはランチを楽しもうとしますが、ケスはなんだか元気もないし…ニーリックスのことを「重荷」だとも言います。ケス、初めての彼氏だったのね。「距離を置こう」と言われてしまいます。

ヴォイジャーにはイラーリの国王代理が。転送が終わった瞬間、ケスがフェイザーを発射!艦長が反応しますが、イラーリ男性に殴られてしまいます。ケスたちはシャトルを転送し、ワープで脱出。痕跡も見つからない。転送部の少尉と国王代理が犠牲になりました。

シャトルでは、イラつくケス。用兵を転送してきます。ヴォイジャーで死んだティエランがケスの体をのっとっていたのでした。しかも、ケスが使えなかった超能力まで使いこなしてます。

作戦室。皇太子が招かれてミーティング。お、ドクターがいますね。ケスをのっとったティエランは、2世紀以上前に反逆された王で、他人に乗り移ることができる。皇太子は国の危機をヴォイジャーに救ってほしいといいます。艦長はケスを取り戻すことを最優先とします。

王宮に転送したティエランたちは、国王を殺し、皇子を監禁して、「王の印」を手に入れます。部屋の中を改装し、第二皇子のアメロンを唆します。

皇太子デマスはヴォイジャーに留まった。ティエランの意識を排除するには、インプラントを取り付けないといけない。

ティエランはケスの意識の抵抗にあっていたが、ケスの超能力がほしくてその身体に留まった。トゥヴォックが潜入しますが、珍しく失敗。ケスはトゥヴォックの心まで読みます。そして、おっと、キスシーンまで。しかし、ケスはティエランと戦っていました。

トゥヴォックから連絡が取れない艦長は、新たな上陸作戦に出ることにした。ニーリックスも志願します。しかし、ティエランから警告されて軌道を離れるしかありませんでした。

ケスの抵抗は激しくなって、ティエランと対峙するまでになります。背景がケスの部屋になって、ティエランが追い詰められていることが表現されています。が、刺激剤でティエラン波呼び戻されます。

宴を開くティエラン。アメロンを「未来の夫」と紹介します。そこへ、ヴォイジャーとデマスの軍が。トゥヴォックは救出され、ティエランはもう限界。艦長たちによって退治され「王の印」はデマスの元へ。

トゥヴォックと訓練をするケス。ケスは自分の心が変わったと感じています。トゥヴォックの助言も、以前のように素直には聞き入れられないような表情です。

今回のお題。原題「Warlord」は「軍事的指導者」です。大意訳すると「暴君」ということもできなくはないでしょう。邦題、なぜ「の星」がいるのか。そこだけですね。他にもっと酷いのがあるので、今回は50点ぐらいいってもいいかもしれません。

|

« 弟の悲劇 | トップページ | 第53話「The Q and The Grey(レディQ)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

ケスかわいい

投稿: Ж | 2011年12月 1日 (木) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/9994194

この記事へのトラックバック一覧です: 第52話「Warlord(暴君の星)」:

« 弟の悲劇 | トップページ | 第53話「The Q and The Grey(レディQ)」 »