« 第64話「Real Life(ドクターの家庭)」 | トップページ | 第66話「Displaced(消えてゆくクルー達)」 »

第65話「Distant Origin(遠隔起源説)」

 出身地、地球―。

※ネタバレです。

 火山の噴火する星、洞窟の中で、ヴォイジャーのクルーの制服を見つける異星人。骨の遺伝子が一致したらしく、彼ら・ヴォス史上最大の発見だと興奮気味。その骨は、地球人のものでした。

船の中で骨を組み合わせるヴォス2人。骨はヴォスと遺伝的なつながりがあるんですって。制服がレプリケートされたことも知ってるし、階級章も「地位を意味するものか」と推察するなど、技術も頭も進んでます。彼らの先祖が誕生した星を探しているようです。ヴォイジャーを探すために、「教授」と呼ばれた人はシティシップというもっと大きな船に行って艦隊の出動を要請します。彼ゲイガン教授は「遠隔起源説」を証明したい。でも、元老院のおばさまはあまり乗り気じゃありません。ヴォスはこの宇宙域で最初に生まれた知的な生命体だとする社会に、一石を投じるものなので、危険だというのです。教授の娘も、諦めてほしいと訴えます。

他の学者に会った助手ヴィアは、彼らが協力的でないことを教授に伝えます。元老院は教授を逮捕するという噂まで。一人でも戦うという教授に、ヴィアもついていくといいます。

ヴォイジャーを探しに出た教授たちは、他の異星人たちから情報を得ます。船の中で虫を食べながら(!)、娘にメッセージを送る教授。ヴィアと彼女は付き合っているようですね。センサーによりヴォイジャーを発見。トランスワープで追いつき、センサーを回避して後につきます。

ヴォイジャーに乗り込んだ2人。遮蔽してクルーには見えないんです。そこへ言い合いをしているトムとベラナが。2人の会話を「求愛行動」と。まぁまんざらハズレでもないけど。

ブリッジ。いつもと視点が違います。「オスたちはみんな、あのメスに仕えている…」(笑)ハリーは遮蔽した2人を見つけます。食堂へ移動した2人、遮蔽を解かれます。副長はヴィアが発した針のようなものに刺され、教授と一緒に消えてしまいます。

捕らえられたヴィアは、医療室で艦長に問い詰められて、冬眠に入ります。自分で?

船に連れてこられた副長。地球について話すことに。

ドクターは、ヴォスと人間の遺伝子標識が一致することを発見します。地球の古生物とも多く共通するので、ホロデッキで原始時代を検証することに。艦長、科学者の血が騒いでるみたいですね。

人間とヴォスの共通の祖先はトカゲの仲間。そこから進化した恐竜、ハドロサウルスが進化した姿をシュミレートすると、ヴィアそっくりになった。

教授と副長も、地球でヴォスの先祖が進化した可能性について話し合っています。教授は、副長を「生きた証拠」として元老院に見せたいと言います。指名手配されてるから、急がないと。

トムとトゥヴォックはリンゴで実験。携帯遮蔽装置ですね。そこへ、でかい船が現れてヴォイジャーは艦ごと取り込まれます。艦のパワーが停止。艦長は武装を命じます。

ジェフリーチューブへ向かったトゥヴォックは、ヴォスに刺されてしまいます。トムはチューブに逃げ込むものの、艦長たちも捕まってしまいます。フェイザーもトリコーダーも使えません。

元老院からの呼び出しに応じなければ「証拠」は消されてしまう。副長と教授が、シティシップに向かいます。

携帯遮蔽装置を持っていたトムは、武器システムを取り戻しましたが、プロトコルをブロックされました。艦長があやうく拷問されそうになったとき、ゲイガン教授が到着します。

元老院のおばさまから「教義に対する反逆罪」を問われている教授。データもなんにも関係ないおばさまは、ヴィアに遠隔起源説は誤りだと証言させます。絶対に遠隔起源説を受け入れられないおばさま。「惨めな星を逃げ出し、ボロボロになってこの宇宙域に転がり込んだなんて…」というおばさまに副長は、「勇敢にも宇宙へ旅立ち、未知の旅を続けた」といいます。モノはいいようだ。それでもおばさまは、教授とヴォイジャーのクルーを投獄するとまくし立てます。教授は、しかたなく遠隔起源説を撤回。おばさまは教授に全く関係ない分野を授け、ヴォイジャーを解放します。

別れ際、副長は地球をかたどった置物を教授にプレゼントして、ヴォイジャーに帰っていきました。

今回のお題。原題「Distant Origin」は、「遠くの起源」ですから邦題「遠隔起源説」はほぼ直訳ですね。でも、スマートでカッコイイと思いますよ。

|

« 第64話「Real Life(ドクターの家庭)」 | トップページ | 第66話「Displaced(消えてゆくクルー達)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

この話は強く印象に残っています。もちろん直接的にはガリレオ裁判を下敷きにしているのですが、宗教保守派の強いアメリカの幾つかの州では現在でも進化論を学校で教えるのを禁止しようとしたり、現大統領自身がそれに近い立場に立っている事を思うと、むしろそれを批判しているようにも思えます。

投稿: X^2 | 2008年2月 7日 (木) 22時25分

>X^2さん
お…おぉ…。がっつり政治ですね。このときの大統領ってクリントンですかね?もう一個前か…って誰?!ブッシュパパ?
大分前に「幾つかの州では現在でも進化論を学校で教えるのを禁止」てのを知りましたけど、かなりビックリでした。そういういろんな理論を知らずに育った子ってどうなるんかしら、と思ってみたり。ゲイガン教授の娘が気になりました。

投稿: 浅木 | 2008年2月 8日 (金) 01時48分

どんなドラマでも、制作された時代の空気を反映していますが、特にSTはそれがはっきりとしています。よく言われるように、ST各シリーズの艦長たちには、アメリカ人の「理想の指導者」像が投影されています。
その意味でも、現在進行中の民主党大統領候補選びの結果が、どちらになるか注目しています。ST世界では「黒人」が「女性」に先んじたわけですが、今の勢いでは現実世界でもそうなりそうですね。

投稿: X^2 | 2008年2月10日 (日) 16時55分

>X^2さん
そうですね。VOYとDS9はほぼ同時期の制作です
し、それぞれのファンが分かれる傾向でも、な
んか選挙に似てます。
アメリカではカラーとジェンダーを同時にFree
にしようとするんでしょうかね。

投稿: 浅木 | 2008年2月11日 (月) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/10301749

この記事へのトラックバック一覧です: 第65話「Distant Origin(遠隔起源説)」:

« 第64話「Real Life(ドクターの家庭)」 | トップページ | 第66話「Displaced(消えてゆくクルー達)」 »