« にがりwith… | トップページ | 第63話「Before and After(9歳のケス)」 »

第62話「Favorite Son(女たちの星)」

 ハリー、あなたはこの星で生まれたのよ?

※ネタバレです。

 初めて通るはずの星を、「見たことがあるような…」というハリー。トゥヴォックや艦長に「デ・ジャ・ヴ」だと言われます(このときケイトさんが言う「デジャヴ~」が大好きです。)次には、通信してきた舟に、勝手にフェイザーを撃っちゃったハリー。ど、どうしたのよ?

結局ナサリと戦闘になったヴォイジャー。機関室のコンジットが爆発して、ベラナが怪我をします。相手の武器を攻撃して、非常警報解除の後、艦長にガッツリ責められるハリー。「直感としかいえません」とは、なんとまぁ。調査が済むまで任務から外されたハリー、怪我をしていたので医療室へ向かいます。

重症のベラナを見て、自分のしたことを後悔するハリー。ケスに慰められて出て行きます。夜、悪夢にうなされるハリー。1つの星、子供の自分、責めるママ。起きたハリーは、自分の額に変な模様を見つけます。

医療室では血液にも変化が。それが精神に影響したかもと考えるハリー。気がついたベラナにも「ブチ」と言われます。

作戦室に謝りに行ったハリーですが、艦長は「彼らは武器を起動してた」と告げます。ハリーは、異星人だけでなくエリアに見覚えがあると言います。考えるほど分らなくなるハリー。ナサリが近づいてきた時、ハリーは1つの星を指差し「ここに行けば安全です」と言い切ります。艦も直りきっていないし他に方法もないので、その星へ向かうヴォイジャー。

ワープを抜けて、スクリーンに星が映し出されるとハリーは「タレージア」と呟きます。夢に出てきた星です。そこから出てきた舟は、ナサリを撃退し、ハリーに向かって「あなたはタレージア人よ、お帰りなさい」と告げます。

地上に降りた艦長たちを向かえたのは、ザックリスリットの服を着た美女たち+男性1。あ、艦長の髪留めが前のシーンと変わってます(無地の楕円→2重の長方形)。美女たちは男性にベタベタ触るんです。彼女たちの話によると、ハリーは受精卵の状態でハリーママの子宮に植えつけられたというのです。ハリーに「感じない?」と言った声、セブンでは…。ERのチュニーですね。タレージアの人口の9割が女と聞いて、目を丸くするトム。

ハリーを残して艦に帰った艦長たち。艦長、髪留めが戻ってます(え?お外用だったの?)。ハリーの遺伝子の一部は、確かにタレージア人と一致。ハリーはだんだんタレージアらしくなっていくのです。ナサリと和解するために、一時軌道を離れます。

地上のハリーは、今夜行われるという結婚式におよばれです。

ヴォイジャーはナサリと交渉、和解します。でも彼によると「あの星に行ったものはもう帰ってこない」と。不安になった艦長、タレージアに引き返します。ところが、タレージア星ではポーラロンバーストが張り巡らされ、連絡も取れず締め出されてしまいました。

タレージア星では結婚式が行われました。ガラスの鐘が打ち鳴らされ、花婿は縛られて目隠しされ、連れて行かれました。ハリーは定期連絡を取ろうとしますが、取れません。誤魔化されて、星に泊まっていってと誘われます。

ドクターは、ハリーの生い立ちについて新発見をします。ハリーは上陸任務に出た時、細菌に感染して、タレージアに仕立てられたのだ。でも、DNAが変化してどんどんタレージア人になっていってしまうということだ。

ハリーは、お泊りの部屋で寝かしつけてもらってます。もーサービス満点ですね。夢の中では、ヴォイジャーとタレージアが交錯。目覚めると、2人の女性が添い寝してました。「私を妻にして」とせがむ女性たち。ハリーがヴォイジャーに帰ろうとするのを妨害してます。ハリーは同意するフリをして、女性を縛りもう一人を殴りつけて、テイモン(もう1人の男)の元へ向かいます。部屋へ行くと、ミイラになったテイモンが。そこへ入ってきたのは、彼の妻。彼らは子孫を残すために、身を捧げていたのでした。真相を知ったハリー。

ヴォイジャーはグリッドに突っ込んで、ハリー救出に向かいます。

ハリーは美女たちに囲まれて、強制的に結婚式をさせられようとします。間一髪のところで、転送収容。ヴォイジャーはナサリとタレージアの戦闘の合間を見て逃げ出します。

顔のブチがなくなったハリーは、ニーリックスに神話の話をしてます。トムには「君みたいに大胆になりたい」と言いますが、トムは「お前みたいになりたかった」と。隣の芝はあおく見えるんだ。

今回のお題。原題「Favorite Son」、直訳すると「お気に入りの子」でしょうね。ハリーが主役ですから、「Son」という感じがすごく似合います。邦題「女たちの星」は。可もなく不可もなくという感じ。音は悪くないしテーマもあらわしてるけど、平凡といか華がないというか。

|

« にがりwith… | トップページ | 第63話「Before and After(9歳のケス)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

最初のハリーには驚かされますね。
暴走するハリーはあまり見られないです。
ハリーのちょっと前に結婚した人が無残になっていたのはショッキングでしたが、なかなか面白いお話でした。

投稿: モリー | 2008年2月15日 (金) 22時58分

>モリーさん
ほんとですよねー。え?えぇ?ええー?!って
感じです。また艦長や副長が怖いんだな…。
結婚した男の人の妻たちが、次の日にはなんだか
違う人みたいに見えました。女はコワイ…。

投稿: 浅木 | 2008年2月16日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/10242771

この記事へのトラックバック一覧です: 第62話「Favorite Son(女たちの星)」:

« にがりwith… | トップページ | 第63話「Before and After(9歳のケス)」 »