« 第82話「Message in a Bottle(プロメテウスの灯を求めて)」 | トップページ | 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 »

川の流れ、今日の風

 何に抗い、何を受け入れるのか。

 これは、ちょっと真面目な話です。mixiのできごとを晒すことになりますが、あえて「裏浅木」にはしませんでした。

私はmixiで、自分の卒業した大学のコミュニティーに入っています。歴史の長い母校のコミュでは、在校生より卒業生が多いのが現実。そこで今月はじめ、98年の英文学科卒業生が、あるトピックを立てました。その内容は、来年の4月より学部の名称が変更されることに対して、「反対署名」を集めているので協力してくれ、というもの。しかもそれは、今大学にいる教授たちが自分の教え子(卒業生)に呼びかけているということなのです。

私の卒業した大学は、○○学部(←ちょっと変わった名前です)の中に、英文科・国文科・音楽科・社会学科・情報学科(メディア込)などがあります。それは今現在、2つある大学のキャンパスのうちの1つ(仮にAキャンパスとします)でまとまっています。ところが近年、新しい学科が乱立といってもいいほど沢山でき、それにともなって学生数も激増しました。そこで大学は、付属の中高も含めて、キャンパスの組みなおしを計画しました。色々複雑なのですが、ことを○○学部に限定すると、学部の中から英文と国文を今あるAキャンパスからBキャンパスに移動する、ということです。これはすでに決定事項だそうです。そして、それにともない、同じ学部の中にある学科が2つのキャンパスに分かれてしまうと、おそらく運営上不便なのでしょう、2つの学科を別の学部とする、というのです。この名称変更がかなり急に決まったこと、新しい名称がイマイチなことを理由に、英文の、かなり有力な教授が中心となってこの反対署名運動が起きたようです。

このトピ主(トピックを立てた人)と同じ英文出身の方を中心に、卒業生の何人かが賛同して、署名を集めているようです。しかし、次回の会議が迫っており、時間がないということ。母校の英文科出身者は海外に出ている人も多く、実際どれほど集まっているかは不明です。

ここからは、私個人の意見になります。はっきり言って「何やってんだ」という感じです。キャンパス編成は長い時間かけて論議され、決まりました。そのことのほうが、ずっと大きくて重要なことだと思うのに、その時は反対の声を上げず、ただの学部名称の変更で署名運動…。これが、「国文学科」を「フランス語学科」に変える、というのなら反対するのも分かります。でも、変わるのは学部名だけで、その方針に変化はありません。ま確かに、あまりセンスのいいネーミングとは言えませんが。

大学という場所で、一番大事なのは「先生(大学)が何を教え、学生が何を学ぶか」ではないでしょうか(ま、他にも色々あるでしょうが…)。はっきり言って、学部の名称変更はこれにたいした影響を与えるものではないと思います。

トピやコメントの中には「私たちが学んだ伝統ある○○学部」「△△(新名称)というあまりにピンと来ない命名に、愕然とし」「慣れ親しんだ自分の学部名が無くなってしまうのは」果ては「母校に対して何かアクションが取れたことが、私個人としては大変嬉しいです」なんて文言があります。私だって、○○学部の卒業生として、この名称には愛着がありますし、できれば変わって欲しくない。変えるにしても、もうちょっといい名前があるだろうと思いますし、母校に対してなにか働きかけてみたいという気持ちも分かります。でもこれらは卒業生の感傷に過ぎず、それだけで大学の運営に首を突っ込むのはどうかと思います。発起人である英文科の教授にも、私は教育者としての態度として疑問です。先述したように、大学で大事なのは教育の中身です。学部の名前が変わるだけで、この先生たちは自分の指導内容に影響してしまうのでしょうか。そんなことでいいんでしょうか。しかもそれを、自分の教え子に頼むのというのは…。お世話になった先生から、その先生の視点でこの出来事を聞けば、その考え方に感化されてしまうでしょう。

トピの中にはもう1つ、こういう言葉があります。「学部名を変更する前に、他にできることがあるのではないかと思います」と。その言葉、そのまま返しましょう「学部名でゴチャゴチャ言う前に、他にできることがあるのではないかと思います」。学科のキャンパスが移動し、それによって先生やスタッフや、カリキュラムも微調整されるかもしれないのですから、できるだけ学生に影響のないように、学生の学びを守るようにするのが先決ではないんでしょうか。

最初にも書きましたが(私はこれを密かに「サブタイトル」と呼んでます)、世の中には、「抗うべきこと」と「受け入れるべきこと」があると思います。歌にもあるように、身を任せるべき川の流れ、今日の風というものがあるんです。大陸を流れる大河や、草原を抜ける風のように、大きな視点で見て欲しいと思うのは、私だけでしょうか?

みなさんは、どう思われますか?

|

« 第82話「Message in a Bottle(プロメテウスの灯を求めて)」 | トップページ | 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

艦外(VOYの外で)」カテゴリの記事

コメント

 「卒業生の感傷にすぎない」ってのは私も同感ですねー。良し悪しについて議論するなら、今、そしてこれからその学部で学ぶ学生にかかわって議論するべきなんでしょうが、なんだか「まず自分の感情ありき」で反対されているように感じずにいられないっす。
 

投稿: さきんこ | 2008年2月28日 (木) 23時04分

こんにちは。今日は時間があるのでおじゃましましてみました。その英文科の教授も生徒にたのむなんてねー。自分でやれー!表に出たくないんでしょうけど。みんな自分の卒業した学校には愛着があるし、学部の名前が変わるのは残念だけど、卒業生と学校がもめるというのはいただけませんね。その反対者の中に多額の寄付をしている人がいたら 変更もあるのかな?なんちゃって、変な方向に行ってしまい、ごめんなさい。こんな私ですがリンク貼っていいですか?裏アンジェリコ(笑

投稿: アンジェリコ | 2008年2月29日 (金) 17時10分

>さきんこさん
そうなんですよ。キャンパス移転の時もそうだったみたいなんですが、在学生ほっぽらかし。それについては学校の方も問題があると思うんですけど。「人の気持ちを考えなさい」って幼稚園で習わなかったんでしょうかねぇ。

投稿: 浅木 | 2008年2月29日 (金) 20時00分

>アンジェリコさん
いらっしゃいませ~(^_^)/~
ほんと、ゼミの先生って卒論指導のときに、コテンパンにやり込められた記憶があるから、何とかの犬並に、同調することを覚えちゃうんですよね。
>>その反対者の中に多額の寄付をしている人がいたら 変更もあるのかな?
もうそうなったら、学校も末期ですよね。歴史と伝統をうたってますけど、そんなの崩れ去りますよ。
リンクお願いします!私も貼らせていただきました。

投稿: 浅木 | 2008年2月29日 (金) 20時05分

こんにちは。

コメントが大分遅くなってしまいましたが。

私も某大学卒です(たぶん、違う学校だと思います)
学部の名前って、それほど重要とは考えていませんでした。
中身の方が重要ですよね。

学校が変わろうとしているとき、学部の名前をかえて、新鮮な気持ちで学業にとりくんでもらおう、という意味もあるかもしれませんよね。

それに、こういうことは卒業生が言うことでしょうか?
現役の人がいうのなら、話はわからないでもありませんが、

キャンパスが別になるのは、たしかにかなり不便です。(経験者)
でも、わたしの母校のように、電車に乗って移動、というわけではないですよね?

投稿: haru | 2008年3月15日 (土) 21時28分

>haruさん
名前って確かに、あんまり気にしませんでしたよね。元々の○○学部っていうのも、ちょっと変なんですが、1回生の時に「なんじゃこりゃ」と思ったくらいでした。
mixiのトピでも、なぜ学部名を変えるのか、という学校側の説明が全く書かれていないので、なんだか一方的なものになってます。
えっと、AからBへってことですか?電車使いますね。基本的には1本でいけますけど、時間帯によっては乗り換えないと。まぁでも、その変わり目にいる子たちは途中で引っ越さなきゃいけませんけど、普通は4年間同じキャンパスです。最近の私立は、2回が終わったら別キャンパスに移動、っていうパターンが結構あるみたいですね。

投稿: 浅木 | 2008年3月16日 (日) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/10803690

この記事へのトラックバック一覧です: 川の流れ、今日の風:

« 第82話「Message in a Bottle(プロメテウスの灯を求めて)」 | トップページ | 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 »