« 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 | トップページ | 第85話「Retrospect(呼び起こされた記憶の悲劇)」 »

第84話「Prey(超獣生命体VS狩猟星人)」

 哀れみと、本能と、脅威と。

※ネタバレです。

 チェイスを繰り広げる2隻の船。生命体8472とヒロージェン。ヒロージェンのマスクがありません。ヒロージェンに追われて怪我をしている8472、ヒロージェンは行動パターンを見るために、あえてトドメを撃ちません。小惑星郡の中で、船を残して消えた8472。ヒロージェンは狩りに出かけます。前回からですが、部下との関係はあんまりよろしくない様子のヒロージェン。でも、生命体8472を追い詰め、撃ち倒しました。

医療室、医者の受け答えを練習するセブンですが、棒読みです。ドクターが社交術レッスンを始めたようです。飽きてしまったセブンに、「他人を喜ばせることができる」と説得します。セブンは、「ごきげんよう」と言って去っていきました。

ヒロージェンの船を見つけたヴォイジャー、呼びかけますが、応答がありません。武器も装備してないし、生命反応が不安定なので、艦長は乗船を準備します。が、なぜかブリッジにいるセブンは「脅威になる、破壊すべき」といいます。でも艦長は、ヒロージェンと仲良くなるチャンスだと思っているみたいです。トム、副長とトゥヴォックが乗り込みます。

中は、瓦礫が散乱していました。それに武器や、骨、色んな生物の筋肉や骨が溶けた液体も。気持ち悪~。トムは、ヘルメットだと思ってひっくり返すと、それはヒロージェンの首でした。ぎゃー!そして、怪我をした生き残りを見つけます。

ヒロージェンは狩猟民族で、獲物を追いながらあちこち飛び回っているということが分かりました。艦長は、彼らが脅威であることを認め、セブンは情報収集の成果があったことを認めます。でも、誰が彼らをやったのか。同じ時、ヴォイジャーの外壁をはっていたのは、生命体8472でした。

医療室では重症のヒロージェンの治療にてこずっていました。艦長は事情を聞きます。ヒロージェンは、狩りを続けさせて欲しいといいますが、艦長の説得で治療を受け入れることに。一方ブリッジでは、ヒロージェンの他の船が接近していました。その時、艦のジェフリーチューブが破損。近くには、8472の遺伝子が。センサーに反応しない彼らを見つけるのは、肉眼でしか。艦長は副長にブリッジを任せ、現場に向かいます。機関室では、どこにでも出るセブンがベラナを手伝っていました。そこへ8472が現れ、クルーを何人か襲って逃げます。

以前は大群だったのに、今回は一体。艦長は、ナノプローブを調整して、生け捕りにするよう指示、一々反論してくるセブンにイラっとしながらも、「命令よ」と言い放ちます。あと4時間でヒロージェンが着く、でも8472もデッキの生命維持を切ったり大変。艦長は、副長に監視させた上で、艦内での狩りを許可します。しかし去り際「逆らったら、射殺よ」と。こわ…。

トムと副長はヒロージェンに付き、別方向からはセブンとトゥヴォックがまわります。先に出ようとするヒロージェンを、副長が制します。高圧的な副長もかっこいいですねー。セブンは、8472との遭遇に動揺していました。副長たちは、8472が怪我をし、弱っているのを発見。そこでヒロージェンは副長とトムを倒して8472を撃ちます。そのヒロージェンを撃ったのは、トゥヴォックでした。

トゥヴォックは食堂に来て、ニーリックスに保安部員の手伝いを要請します。その時、生命体8472からのテレパシーが。

8472は、廊下にフォースフィールドを張って拘束。怪我をしていますが、ドクターもお手上げです。でも、どうやらうちへ帰ろうとしていたようです。トゥヴォックには、この8472は取り残されたと語ります。ただ仲間の所へ戻りたいと。艦長は、帰してあげると言いますが、8472は意識を失ってしまいました。

医療室で拘束されていたのはヒロージェン。ありゃ、射殺しなかったのね。獲物の元へ連れて行けと騒いでいます。艦長が8472に味方したと分かると、次の獲物にすると脅します。

艦長はセブンに8472を流動体スペースへ帰すから、量子特異点をあけるように言います。素直に従えないセブンに、艦長は中尉時代の話をします。戦闘中のある夜、敵だったカーデシアを助けたこと。それが、勲章よりも誇らしかったこと。その経験と同じように、セブンにも成長して欲しい艦長ですが、セブンはまたしても反抗。艦長命令を下しますが、セブンは従えないと言います。セブンは貨物室に拘束。

結局ヒロージェンと戦闘になってしまったヴォイジャー、劣勢です。その時、生命体8472が回復しました。興奮する8472を抑えるため、セブンにナノプローブを持っていませます。

ベラナは特異点をあけるのに手間取っていました。攻撃でフォースフィールドが弱まった時、ヒロージェンが逃げ出しました。8472の元にやってきたヒロージェン、セブンの本心を見抜きます。その時、フィールドが取れ、ヒロージェンと8472がもみ合いに。セブンは勝手に2人を敵艦に転送しました。

ヒロージェンはいなくなりましたが、問題は艦内にありました。貨物室で、セブンを起こす艦長。艦長命令を無視したセブンに、処分を言いに来たのでした。主要システムへのアクセスを禁じました。天体測定ラボの勤務以外は、貨物室を出ないこと。セブンは、自分が艦長のようにならないから罰するのだ、と言います。艦長は表情を変えず「そう思ってなさい」と言い捨てて去っていきました。

これまで、少々の反抗を大目にみてくれていた艦長、今回はキレて当然だと思います。調子に乗るな、セブン。

今回のお題。原題「Prey」は「獲物」。邦題は「超獣生命体VS狩猟星人」。邦題は濃すぎる感がありますね。「超獣VS狩人」ぐらいでいいんじゃないでしょか。

|

« 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 | トップページ | 第85話「Retrospect(呼び起こされた記憶の悲劇)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/10823347

この記事へのトラックバック一覧です: 第84話「Prey(超獣生命体VS狩猟星人)」:

» スタートレック ヴォイジャー 84話 85話 [海外ドラマ☆SFワールド]
まだまだシーズン4を鑑賞中ですが、スーパードラマTVで予定通りに放映がされていくと7月には最終話を迎えることになります。エンタープライズも同じように7月に最終話を迎えます。そうすると、次はスタートレックシリーズのうちで何が放映されることになるのでしょうね?スーパードラマTVでの84話のタイトルは「超命体VS狩猟星人」ですが、LD版のほうは超獣生命体8472になっています。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 23時31分

« 第83話「Hunters(宇宙の闇に棲む狩人)」 | トップページ | 第85話「Retrospect(呼び起こされた記憶の悲劇)」 »