« 第68話「Scorpion, Part I(生命体8472・前)」 | トップページ | 第70話「The Gift(ケスとの別れ)」 »

第69話「Scorpion, Part II(生命体8472・後)」

 ボーグをも脅かす敵、生命体8472を倒せるのか?ボーグとの同盟は成立するの?

※ネタバレです。

 ここからシーズン4となります。VOYを半分に分けるなら、ここからでしょうか。

ボーグに引っ張られたままヴォイジャー。副長は艦長を転送して逃げようとしますが、艦長からの通信で、ボーグとの合意に達したということ。艦長とトゥヴォックがボーグ艦で働くことに。

ドクターは、ナノプローブを改造して、ハリーに注射しました。蔓が少し後退します。

副長はドクターの冗談を無視、ベラナに怒鳴りつけたり、ピリピリした感じです。ボーグは副長が要求したようにトラクタービームを切りました。

医療室で仕事中のケスは、向かっている画面に8472を見ます。そして、ケスに襲い掛かる生命体の幻覚も。

トゥヴォックは艦長と合流。キューブの中心で作業を始めようとします。ボーグは艦長たちを神経リンクでつないで、意識を統合しようとします。当然艦長たちはこれを拒否、代わりにボーグの代表を出してくれと要求しました。前例があるようですね。そして出てきたのは、1人の女ボーグ。

彼女は「セブン・オブ・ナイン」と名乗りました。彼女が代表です。中性子爆弾にナノプローブを搭載して、生命体のバイオシップを破壊する作戦。セブンオブナインは、18年前に同化された地球人でした。また、ケスの幻覚は、生命体がケスの記憶を読み取っているようです。

回復したハリーがブリッジに戻ってきました。ベラナと交代するとき「鼻からツルが出てる」なんてからかわれたりして。そんなとき、バイオシップが攻撃して来ます。ナノプローブを守るため、ボーグ艦が攻撃を受けますが、その時艦長も吹っ飛ばされます。ボーグ艦が体当たりしてバイオシップを破壊し、その直前に艦長たちと複数のボーグが貨物室へ転送されました。

頑丈なバルカン人は怪我もすぐに回復し、任務に戻ります。ケスを心配する優しい保安主任です。一方艦長の怪我は少々深刻。昏睡状態にしなければならないが、治療が上手くいかないとこのまま目覚めないかも。その前に少しだけ、話す時間が与えられました。

おいたわしい姿で横たわる艦長。副長に指揮を託します。ボーグとの同盟を成功させて、クルーを家に帰して…。

貨物室は、すっかりボーグ艦内部に変貌していました。セブンオブナインは、最も近いボーグ艦へ向かえと要求してきます。それは進路を逆にとり、ボーグスペースの中心へ向かえと言うことでした。賛成できない副長は、ボーグとの同盟を解いて、無尽の星にナノプローブと共にドローンを置き去りにすることにします。それを聞いたセブンオブナインは「個人であることが破滅を招く」と。

医療室で眠る艦長の元に、「決断」を下した副長がやってきます。命令に背くことを詫びる副長は、艦長の側をなかなか離れられないようでした。

生命体8472は次々とボーグ艦や惑星を破壊していきます。ボーグはついに、ヴォイジャーを乗っ取ることにします。

ボーグを置き去りにする星を見つけた副長たち。ですが、セブンオブナインがジェフリーチューブからシステムをいじり、ディフレクターから空間に穴を開けます。副長は貨物室を減圧、ボーグを外に放出します。しかし、チューブにいたセブンオブナインだけ残ってしまいました。空間にあいた穴へ引きずりこまれるヴォイジャー。

有機流動体の満ちている世界へ来たヴォイジャー。そこは生命体8472の領域でした。やたらそこに詳しいセブンオブナインを見て、ボーグが生命体に戦いを仕掛けたことを覚ります。そんなとき、ドクターから通信が。

医療室では艦長がすでにベッドから離れていました。そして副長の「決断」について問い詰めます。副長はボーグを排除して解決を、艦長はボーグに全面協力を主張します。艦の内でも戦いが起きていると嘆く艦長。副長はセブンオブナインの言っていた「破滅を招く」という言葉を思い出しました。

ブリッジに呼び出させるセブンオブナイン。そこには「副長は任を解いて拘束した」という艦長の姿が。武器の製造を命じる艦長。生命体の領域での戦争を覚悟するブリッジ。

すっかりボーグ仕様となったヴォイジャー。副長席にはケスが座っています。バイオシップがやってきて、戦いが始まります。通信手段の代わりに、ケスを使います。生命体8472は、銀河を「浄化」すると言って攻撃を始めました。中性子爆弾を打ち込みます。効かないか…と思われたとき、バイオシップが爆発しました。この空間から出るように要求した艦長に従い、セブンオブナインはブラックホールからの出口を開きます。出てきたヴォイジャーを追いかけて、再び迫り来るバイオシップ。それらも撃退して、8472に勝った、と思ったとき、セブンオブナインは集合体の意思を聞き、同盟関係は終結しヴォイジャーを同化すると言います。操舵席を同化し始めるセブンオブナイン。その時艦長は副長に「サソリよ」と指示を出します。

副長は神経をセブンオブナインとリンクし、彼女に語りかけます。そうして人間性に訴えている間に、ベラナが何か作業を。ですが副長はもう限界です。リンクが切れる、その時ベラナはパワーサージを発生させました。倒れる副長とセブンオブナイン。彼女は集合体とのリンクを切られました。

3日後。ダ・ヴィンチの作業場で日誌を書く艦長のところへ、副長が報告にやってきます。艦長はセブンオブナインの人間の細胞を再生させています。彼女を連れて行くことにしたという艦長に驚く副長。「嫌がるかもしれませんよ?」というと、艦長は「友情をあげられるかも」と。きっつい一言です。副長もその暗の意味に応えて、命令に背いたことを「今までで一番辛かった」と伝えます。艦長も理解してくれます。「この関係は変えたくない」と言います。

医療室では、少し肌の色が戻ったセブンオブナインが横たわっていました。

副長にはああ言った艦長ですが、これを機に艦長の副長に対する気持ちが微妙に変化したように思います。ただ、脚本からジェリー・テイラーさんが抜けたことが、艦長と副長の関係を変えた一番の要因だと思うので、一概にこの事件を分岐点にすることはできませんが。

今回のお題。原題「Scorpion」=「サソリ」ですね。邦題は「生命体8472」。「サソリ」はボーグのことなので、原題と邦題では着目点が違います。原題はちょっとネタバレちっくかな?ひとつ思ったのは、副長の、川を渡る狐の背中に乗せてもらうサソリの話ですが、狐にはなんのメリットもないので、お話としてイマイチ弱いなぁと。ヴォイジャーの現状も正確に例えられない感じですし。

|

« 第68話「Scorpion, Part I(生命体8472・前)」 | トップページ | 第70話「The Gift(ケスとの別れ)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

> 当然艦長たちはこれを拒否、代わりにボーグの代表を出してくれと要求しました。前例があるようですね。

これはTNGでのボーグ第一次地球侵攻のときの「ロキュータス」の事ですね。この頃はまだボーグクイーンなどの設定が存在しなかったので、今回とやや趣が違う感じはあります。

投稿: X^2 | 2008年2月11日 (月) 23時09分

>X^2さん
ボーグは、他の敵と違って歴史があり、VOYしか
見てない私にはときどき難しい感じです。クイー
ンって最初ッからいたわけじゃないんですね。今
回は女性の艦長ですから、女の戦いには欠かせま
せんね。

投稿: 浅木 | 2008年2月13日 (水) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/10416048

この記事へのトラックバック一覧です: 第69話「Scorpion, Part II(生命体8472・後)」:

« 第68話「Scorpion, Part I(生命体8472・前)」 | トップページ | 第70話「The Gift(ケスとの別れ)」 »