« 半年で2回フラれた女  | トップページ | 花鞠 »

第106話「Bride of Chaotica!(侵略されたホロデッキ)」

 アラクニア女王…何故だかしっくりきますわ。

※ネタバレです。

 キャプテンプロトンが始まります。第18章は「ケオティカの花嫁」。以前も「キャー!」しか言わなかったグットハート嬢が捕らえられています。言うことはやっぱり1つ「キャー!」。絹…というより木綿のタオルを裂くような悲鳴です。いつも間違ってる予告編が終り、トムプロトンとハリーバスター・キンケードはグットハートを救出しに行きます。が、エンジンはあっけなくやられ、惑星Xに不時着。ケオティカの家来から制服を奪いに行きますが、それは水星の鉱山のセットの使いまわし。と、予想外の揺れが襲い、謎の光が現れました。設定と違うじゃん。

プログラムも終われないし、ブリッジにも連絡できない。ロケットにあるアクセスポートでオーバーロードすることに。一方ヴォイジャー自体もワープから転がり出て、その場から動けなくなっています。トムたちの前には間の悪いことに、ケオティカの家来が現れました。それはちゃっちゃと退治し、ロケットへ。

ブリッジでは、亜空間の層にはまり込んだことが判明。脱出しようとしますが、無理でした。ホロデッキには2つ目、3つ目の歪みが現れ、トムたちはホロデッキから出ました。しかし、艦が歪みにはまったことで、あらゆるシステムが使えなくなっています。艦長は、昔の経験からパワーを…という台詞をセブンに取られてしまいましたが、とにかく強くてだめならそっとやってみることに。そのころ、まだプログラム中のホロデッキに、あの歪みの渦からなにやら現れます。ちゃんとその時代設定に合わせたナリをしていますが、そこへケオティカの手下ロンザックがやってきて、彼らを捕らえます。ケオティカは、「別の次元から来た」という彼らの話から、5次元からのエイリアンだとして尋問します。彼らは探検家だと言いますが、ケオティカはそのうちの1人を撃ち殺しました。もう1人は逃げましたが、もうこうなれば戦争です。ケオティカはグッドハート嬢をアラクニア女王に渡し、彼女の軍を呼ぶように指示しました。

3日経っても、ヴォイジャーはまだ抜け出せずにいました。艦内のシステムも限界ですが、艦長のイライラも限界。食堂のコーヒーで何とか気を落ち着けました。ニーリックスは衛生面での不具合を訴えてきます。コーヒー飲みきる気も失せちゃった艦長は、「あなたに任せる」と言って出て行きました。ニーリックスは余った思わずコーヒーをがぶ飲み。

再び脱出の試みが。境界までは行くんですが、そこまで行くと止まってしまいます。その時、ホロデッキから武器の反応が。様子を見に行ったトムとトゥヴォックは、戦闘でボロボロの星と、グッドハート嬢が死んでいるのを見つけました。設定と違うじゃん。チョーさんが声を兼任しているロボットを直し、「5次元からの侵略者」が来たという入り口、つまり渦へと案内させます。渦からは光子の攻撃が続いています。天体測定ラボではホロデッキの内部を映し出しました。そこには、アラクニアを呼びながら戦闘をするケオティカが。

ロケットで当時のセンサーをいじっていたトムたちは、あの5次元の方のお目にかかりました。彼は光子生命体と名乗り、トゥヴォックは炭素ベースの生命体だと紹介。ところがニーさんとそっくりの声のロボットのお陰で、彼は敵だと思い込んだまま去っていきました。

作戦室。ケオティカVSエイリアンの戦闘をどう止めるか。光子であるドクターに説得を頼むのと同時に、トムはケオティカを倒さなくてはと言います。あまりのも可笑しいプログラムの中身に、副長は笑いをこらえ切れません。セブンも微妙に我慢しているように見える…。それには、砦に入りこめるアラクニアに、シールドをおろしてもらわなければ。その大役は…もちろん、艦長です!「やめてよ」と言っていた艦長(副長また笑ってます)ですが、副長・トゥヴォック・そしてセブンまでも説得に当たり、遂には承諾。衣装は4号でお願いします。

さて任務を受けたドクターは、地球の大統領に扮してホロデッキに向かいます。

艦長はトムにレクチャーを受けます。ケオティカのエゴを満足させること、”陛下”と呼んで、「邪悪で狡猾な企みは実に見事ですわ~」って言ってあげて。30年代の用語を覚えて、放送マイクで連絡して。衣装を見た艦長は思わずパッドに食いつきました。同時にトムは「いざとなったらフェロモンで」なんてことまで。もちろん、それはアラクニアの魔法の香水なんですが…艦長自前でやってみます?フェロモン。最後にトムは「女王なんですからね!」と念を押しますが、いつでもそうです、艦長は。

さて、イラつくケオティカのところへ、ロンザックがやってきました。ちょっと劣勢なようですね。そこへ、アラクニア女王様登場!久々にやりましょうか、イェーイ!パフパフー!ドンドンドン!おおっと!胸元が開いたピッチリのドレス・大きく広がった蜘蛛の巣柄の襟・そしてザックリのスリット(しかも前)!御髪も30年代風で決まってますー!よく見ると蜘蛛の髪飾りやつけ爪まで超おしゃれ。身のこなしも言葉遣いも完璧。しかもこのドレス、透けます。結局ノリノリで挑んだ艦長、それでもちゃっかりフェロモンはGet!して、しかも王座へ座り「何故だかしっくりきますわ」そうでしょうそうでしょう…ってその台詞いらないんじゃ(^_^;)。まあそれでも、うかれるケオティカ「空気までもが震える、ただそなたがこの場にいるだけでな」、んだその通り。

アラクニア女王は家臣を通すため、雷シールドをおろしてくれと言いました。ケオティカは女王の気持ちを確かめるため、すぐ結婚の儀式を始めると言い出します。おぉっと!意外な展開!…でもないか。タイトル「ケオティカの花嫁」だもんね。トムが言ってなかったんでしょう。若干動揺した女王様ですが、そこはまぁホロデッキですから、儀式でもなんでもドンと来いって感じです。

さてと、地球の大統領ドクターは、ハリポタばりの丸眼鏡をかけ、異星人が残していった機械を使って彼を呼び出しました。光子同士でとりあえずケオティカが共通の敵だと思わせ、プロトンをヒーローとしてその助けを求めました。とりあえず、プロトンに任せて攻撃を中止してと。あっさりOKが出ました。

ニーさん役のロボットにイラつくプロトンは、プログラムを終えると宣言。そこへ大統領も帰ってきて、さあ後は、艦長がシールドをおろすのを待つだけです。あの、思ったんですが、アラクニアが来た時はシールドどうしたの?

ロンザックはアラクニア女王に結婚指輪を持ってきました。ケオティカのですが。もうウキウキなケオティカに艦長は一言「TOPは孤独ですの」と。あれりゃ?本音ですか?そこへ、プロトンのロケットがやってきます!慌てたケオティカの側で、アラクニアは兵の武器を奪って裏切りに出ます。ロンザックが撃ちますが、セイフティのお陰で不死身のアラクニア、「解除方法を教えなければもっと汚い女になってみせてよ!」と啖呵をきります。カッコイー!が、が、花嫁はシールドに捕らえられてしまいました。

ケオティカの攻撃を受けたロケットは墜落寸前。一方ブリッジ(カラーだ)の副長ベラナ(元マキチーム)にもピンチが。更に歪みへとヴォイジャーが引き込まれていってます。

柱に縛り付けられたアラクニアは、袖に隠してあったフェロモンを開けました。それ(匂いが見えるところがすごいね)を嗅いだのは、なんとロンザック。艦長ちょっと嫌そうです(笑)。でも、使えないことはないロンザック、アラクニアを救出にでます。それでもまだ嫁に来いとしつこいケオティカにシールドをおろさせ、更に彼を撃って結婚の中止を宣言。今ではかえってお洒落な旧式の放送マイクを(コードをバン!てのがカッコイイ!)使ってプロトンに連絡です。無事ロケットの砲撃で死の光線銃も破壊、同時にヴォイジャーも歪から脱出しました。

息絶えたケオティカを見下ろす艦長の元に、いいとこなしだったヒーロー、プロトンたちがやってきます。「女王ですもの」と冗談をかましていると、やおら息を吹き返したケイティカが最後の言葉を吐き、画面には「The End」の文字…と「?」が現れました。

クイーン・アラクニアのオンステージでした!もう御御足胸元ガン見です(笑)副長にも見せてあげたかった。ええま、それは個人的に大満足でした。音楽も衣装もセットも適度にちゃちくて、ほんとによくできてますね。ドクターたちは普通ですが、アラクニアやケオティカ、ロンザックの破壊の砦チームは立ち居振る舞い歩き方、原語の発音も凄く凝ってて、古典的な英語劇のようです。昔、高校生の時に英語劇を専門に教えてたイギリス人のジーさんがいましたが、ケオティカやロンザックと同じ発音でした。ちなみに見てくれはロンザック寄り(爆)。30年代のハリウッドというと、フィルムも貴重な時代ですから、ほぼ一発撮りで舞台とそう変わらなかったのかもしれません。

今回のお題。原題「Brid of Chaotica!」=「ケオティカの花嫁!」…どうしてこのまま邦題じゃだめなの?邦題「侵略されたホロデッキ」、地味ぃ~!ブーブー。主役はアラクニアだし!もうほとんどそのままプログラムだし!絶対「ケオティカの花嫁!」にするべきだったと思います!

|

« 半年で2回フラれた女  | トップページ | 花鞠 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/11805408

この記事へのトラックバック一覧です: 第106話「Bride of Chaotica!(侵略されたホロデッキ)」:

« 半年で2回フラれた女  | トップページ | 花鞠 »