« 第96話「Drone(新生ボーグの悲劇)」 | トップページ | 第97話「Extreme Risk(心は闘いに傷ついて)」 »

VOYを日本人でやったら…

 この人たちで、是非。

 mixiで海外ドラマのコミュに入っていると、必ずと言っていいほどこの企画トピが立ってます。もちろん、Kate Mulgrewさん始めオリジナルメンバーがベストなわけですが、こういうお遊びをしてみたくなるのが、イケナイ(どこが?)ファンなわけでして…。と、いうことで(どういうことで?)、独断と偏見でいってみよー!(^o^)/゜

 まずは、キャスリン・ジェインウェイ艦長…といきたいところですが、それは最後にとっておいて、チャコティ副長。…これはですね、色々考えました。最初は柳葉敏郎さんだったんです。他にも長谷川初範さんとか、市川正親さん、三浦友和さん。でもでも、もうこの人しかいません。宅麻伸さん、あなたです。見目のワイルドさ、声、そして口元がロバート・ベルトランさんにそっくりです。

 次。ベラナ・トレス中尉。ドクターいわく「切れ者で喧嘩っ早く、聡明。でもときどきもろさを見せるのが可愛かった…」セブンいわく「熱しやすい」。これは1人しか思い浮かびませんでした。深津絵里さん。彼女の演技力はすごいので、本来ならもっと難しい役をやって欲しいのですが、イメージがぴったりなんです。それに、セミロングがとってもお似合い。あのメイクをしても美しさが損なわれないし。「きらきらひかる」という法医学教室の連続ドラマをやった時の彼女の印象で。

 もひとつ、どちらかと言うと見目のイメージで。ケス宮崎あおいさんでお願いします。ヴォイジャーの妖精の呼び名にふさわしい可憐さ、且つ時々見せる、何かを悟ったようなあの表情。先日1話だけ観ましたが、今やってる大河ドラマのお姫様も、ちょっとそんな感じですね。次点として、「鹿男あおによし」に出演中の多部未華子さんもあげておきましょう。ちょっと日本人ちっくになりますね。妖精というより巫女さんですが、いい味だしてくれると思います。

 今度は難しい役、ドクター(EMH)。あのロバートピカードさんに対抗(しなくていいけど)するには、かなりの演技力が必要ではないかと思われます。ちょっと自意識過剰で、優しくて、いやみも言えて、コミカルなこともできて…。生瀬勝久さん、筧利夫さん、陣内孝則さんが候補ですが、ここは個人的な趣味で生瀬勝久さんにお願いします。

 ドクターとくればこの人、セブン・オブ・ナイン。彼女はあの衣装ですから、スタイルから言えば山田優さんとか井上和香さんなんですが、エピ上で演技力を問われるので、天海祐希さんですかね。唇を残しつつ…。

 セブンの次ですから、やっぱりハリー・キム少尉。ちょっと年があれですけど、国分太一さん。それに内田滋さんという方。この俳優さんテレビではあんまりメジャーじゃないんですが、舞台で活躍されています。今は「安宅家の人々」(もう終わった?)という昼ドラに、知的障害をもつホテル経営者という難しい役で登場してます。でも、これらの候補を押し切って私の中では桜井翔さんがランクインです。多少繊細すぎる感もありますが、一番近いかな。

 ハリーの相方、トーマス・ユージン・パリス中尉。トムは…難しいです。いかにもアメリカ人といった風貌、物言い、趣味。ですから、ロバート・ダンカン・マクニールさん演じるトムから大きく離れて、その年頃の流行の男ってことでいきましょう。要潤さん、木村拓也さんなどもいいですが、旬てことで玉木宏さんにやってもらっては。

 さて、忘れてはならない戦術士官トゥヴォック少佐。バルカン人ができる方…というのも難しいですが、水谷豊さんはいかがでしょう。「相棒」での冷静さ、礼儀正しさはインパクト大です。

 トゥヴォックが来たら、ニーリックスを忘れてはいけません。料理人で、商人で、クルーのよき相談相手で、後々保父さんまでこなす、ヴォイジャーのムードメーカー。やっぱりお笑いの人か、喜劇を主とする人にやって欲しいですね。竹中直人さんもいいんですが、周りがみんな喰われちゃうような気がします。彼はもっとやわらかい空気を持っているので、山口智充さんがいいな。

 さぁ、やってきました。この人無しには何にも始まりません(って自分が後回しにしたんじゃん)。我らがキャスリン・ジェインウェイ艦長です。mixiでは伊藤かずえさん、高島礼子さん、余貴美子さん(この人見ると、なぜかキター!って言いたくなります。笑)、高畑淳子さん、小林聡美さん、賀来千香子さん、等(同意できる候補のみ抜粋)が挙げられています。でも私は断然、涼風真世さんを推します。あの凛々しさ、美しさ、声、そして何よりも「手」です。ケイト・マルグルーさんは、手の使い方がとってもきれいな役者さんで、それがとってもとっても好きなんです。涼風さんは同じく手が(も)きれい。最近は中世ヨーロッパを舞台にしたお芝居に沢山出てらっしゃって、艦長がホロデッキで着ているようなドレスも似合うだろうし、カトリーヌの白いスーツも黒の衣装(ナチの本部へ侵入したときの)も(チャコティ演じる米大尉いわく「男勝り」ですから)もちろんいけるでしょう。アラクニアは…見てみたい、是非。ただ、背が高いってイメージがあるんですよね。チャコティ副長と身長が入れ替わっちゃう?それにセブンが天海祐希さんだと、思いっきり90年代初頭の宝塚。でもでも、涼風さんがいいんです!次点として競ったのは鈴木京香さんです。ちょっと落ち着きすぎるでしょうか。戦闘シーンで御髪を振り乱してる感じではないですよね。じゃ涼風さんならいいんかいって話ですが、まぁヅカ時代に色々やってらっしゃいますから…。

おさらい:艦長=涼風真世さん,副長=宅麻伸さん,トゥヴォック=東山紀之さん,ベラナ=深津絵里さん,トム=玉木宏さん,ハリー=桜井翔さん,ドクター=生瀬勝久さん,ニーリックス=山口智充さん,ケス=宮崎あおいさん,セブン=天海祐希さん。こうしてみると、年齢的なバランスがメチャクチャですが、その辺はご容赦くださいm(_ _)m。鈴木京香さんをはじめとした別ヴァージョンもいけるかも。

いかがでしょうか。そして、あなたなら、誰をキャスティングしますか?

|

« 第96話「Drone(新生ボーグの悲劇)」 | トップページ | 第97話「Extreme Risk(心は闘いに傷ついて)」 »

キャラクター論」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

艦外(VOYの外で)」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/11190006

この記事へのトラックバック一覧です: VOYを日本人でやったら…:

« 第96話「Drone(新生ボーグの悲劇)」 | トップページ | 第97話「Extreme Risk(心は闘いに傷ついて)」 »