« 第127話「Dragon's Teeth(亜空間制圧戦争)」 | トップページ | 第128話「One Small Step(電磁空間アレース4)」 »

キャスリン呼び名考

 キャスリン?艦長?あなたは何と呼ぶ?

※本篇のネタバレを含みます。

 キャスリン・ジェインウェイのキャラ論第2弾です。ってか、まだ2つ目なんですね…。

我らが艦長の呼び方は、立場や場面によって様々。加えて、日本語でどういう風に表記するかって言うのも、たまに考えたりします。

基本は、もちろん「艦長」。私もレビューや雑記の中では基本的に艦長と呼んでいます。初回、艦長は「Sir(サー)」や「Ma'am(マム)」ではなく「Captain(艦長)」と呼ばれることを望みました。これは艦内に徹底したようで、あまり艦長と接触のないクルーなどが、たまに艦長と話すときもほぼ「艦長」と呼んでいますね。ちなみに、艦隊の階級制度はアメリカ海軍のそれが元になっていますので、の大佐である艦長を呼ぶ時もキャプテンとなります。ただし、戦闘時や命令に従うとき、「やったるでー!」(笑)的な雰囲気のとき、原語では「Yes,Ma'am」と言っていることがかなり多いです。

次に多く出るのは「キャスリン」です。副長がたまにそう呼びますね。作戦室で2人の時、艦長の私室で、咄嗟のとき。これは41話「Resolutions(ヴィディア人の協力)」で、星に2人残された艦長が「もう階級も関係なくなるんだから」と言って彼にそう呼ばせることを許しました。艦に帰ってからも、時々そう呼んでいます。一度だけ、歌を認められたドクターが調子に乗って「キャスリン」と口走りましたが、「ファーストネームで呼び合う仲だったかしら」と、きつい一言をいただきました。つまり、艦のなかでファーストネームで呼び合う仲なのは副長だけ、ということですね。ただ、吹き替えでたまに「Kathryn」を「艦長」と言い換えている時があるんです。どうでもいい時もあるし、日本人からするとそのほうが自然に聞こえる時もあるんですけど、ごくまれに「これはいかんだろう!」と言いたくなる箇所もチラホラ。原語で聞くと、意外とたくさん「キャスリン」と呼んでいます。これは文化の違いでしょうが、英語圏の人間になったつもりで英語にチャレンジすると、楽しめます(何が)。ちなみに、私もFicでは「キャスリン」を主に使ってます。雰囲気出ますからね。

さ、次。艦長の婚約者だったマークは「キャス」と呼んでいたようです。24話「Persistence of Vision(ボーサ人の攻撃)」で、艦長に話しかけるマークが出てきますね。未読ですが艦長の半生を描いた「モザイク」(ペーパーバック)によると、艦長とマークは相当ながい付き合いのようですので、それなりに。

28話「Resistance(レジスタンス)」では、娘の「ラルカナ」だと思いこまれた艦長。最後には、ラルカナの代わりに「お父さん」と呼びか掛けます。これは感動のエピソードでした。

一方、付き合いが短い割に呼び方がなれなれしいのがQ親子です。ジョン・デランシーさん演じるQは最初「マダム・キャプテン」なんて言ってましたが、それはあっという間に却下され、次に登場した話の中では「キャシー」と呼び始め、結局そのまま定着しました。おまけに、息子には「キャシーおばさん」と呼ばせています。個人的には「なぬー!」ってところですが、まぁこれは彼らのキャラクターで許されているところでしょうね。

7シーズンのクアラで艦長の恋人だったジャフェンですが、彼が艦長を何と呼んでいたか、さっぱり思い出せません。2人きりで会話する場面が多かったからでしょうか…。また見直したときに追記します。

来客や敵となった異星人たちはたいてい艦長のことを「ジェインウェイ艦長」と呼びます。ただし、ボーグクイーンは最初から「ジェインウェイ」と呼び捨て。

ホロデッキの中では、さらに多様になります。最初に出てきた家庭教師のプログラムでは「ダヴェンポート夫人」と呼ばれ、惚れたバーレー卿は「ルーシー」と呼びます。ケオティカは「アラクニア」。まこれは役名ですね。ダヴィンチは「カタリーナ」、ヒロージェンの作ったレジスタンス・プログラムでは「カトリーヌ」、マイケル・サリバンは「ケイティ(・オクレア)」これはキャスリンの進化系?というか、そのプログラムの文化でしょうね。

不思議なのは「ケイト」と呼ばれないこと。最もポピュラーな愛称だと思っていたんで。艦長役のケイト・マルグルー(Kate Mulgrew)さんも、本名(っていうのかしらん?)は「Katherine」ですので、おそらく「Kate」を使っていらっしゃるのだと思いますが。「Kathryn」の場合はeがつかないからでしょうかね?

さて、ここまでは本編中のキャラクターたちがどう呼んでいたかを見てきましたが、英語圏にいない私たちにはもう一つ問題が。「Kathryn Janeway」を日本語でどのように表記するか…です。私は「キャスリン・ジェインウェイ」と表記します。多くのHPでそのように表記されますし、STを特集した雑誌やなんかもたいていそうなっています。DVDの字幕もそうですし、吹き替えでもそう発音され、なによりそう聞こえるからです。ただし、私は多少英語の発音が聞き分けられる日本人なので、Kathrynとキャスリンには決定的な違いがあることも、Janewayの最後とウェイの「イ」は一致するものではないもわかってはいますが、この表記が一番近いのではないかと思います。

まれにJanewayを「ジェーンウェー」と表記しているものもあります。気持ちは分らなくもないですが、これはちょっと…発音がナベアツみたいになりますよね。

問題は「Kathryn」のほうで、これは一般的に「キャサリン」と表記される名前のくくりに入ることが多く、こうやって表記しているHPも結構多く見られます。しかし、日本語のキャサリンに近い綴りは「Katherine」あるいは「Catherine」、キャサリン・ヘプバーンの「Katharine」が一番近いでしょうか。「Kathryn」と比べると、印象としてこれらは「キャサリーン」だと思いますが、ヘプバーンを「キャサリーン」と書く人はあまりいないし、その辺は呼ばれる人によって発音が違うというのが現状のようです。まあもともとは同じ「katharos(純粋)」というギリシャ語からの派生ですから、同じ名前と言えなくもないですが。日本語でも、例えば同じ「恵」という名前をふつうは「めぐみ」と呼ぶけれど、まれに「けい」というのと似ていますね。

細かいところにこだわり、なぜ「キャサリン」ではなく「キャスリン」かと言いますと、Kathの後に母音がないからです。「Katherine」や「Catherine」「Katharine」はKathの後にaないしア発音のeという短母音が入ります。このθ(←これはロシア語のシータですが、thの発音記号に近いのでこれを使います)はサではなくスに近いし(厳密にいえば母音がないのでsuでもないんですが)、そのあとすぐにrが続くので「キャスリン」が一番近くなるのではないかと。まぁこれは艦長信者の私がこだわっていることなので、「キャサリン」くらいなら、許容でしょう。

ということで、ざっと艦長の呼び名を考察しましたが、個人的には副長が「キャスリン」と呼ぶのがやはりお気に入りです。J/Cには欠かせない一言ですね。吹き替えの石塚さんも渋くていいですが、ロバート・ベルトランさんが優しく「Kathryn」って囁いた日にゃーもー(以下自粛)!

えー、暴走し始めましたのでこの辺で終わりますが、皆さんはどの呼び方がお好きですか?

|

« 第127話「Dragon's Teeth(亜空間制圧戦争)」 | トップページ | 第128話「One Small Step(電磁空間アレース4)」 »

キャラクター論」カテゴリの記事

艦外(VOYの外で)」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

我らが愛する艦長。
名前の呼び方、こだわっていらっしゃるんですね。
私は、どうも「キャスリン」に馴染めなくて・・・
ヴォイジャーを最初に教えて下さった方が、キャサリンと呼んでました。
その頃はスーパーチャンネル(今はスーパードラマTVですが)が視聴できなくて、「宇宙大作戦」しか見たことがなかったのです。
で、いろいろTNGとかDS9とか教えて下さった方が、キャサリンと。
だから、わたしにとって、艦長はキャサリンなのです。
でもあまり論争はしたくないので、名前を書くときはジェインウェイを使うようにしています。
ダ・ビンチ先生のように、カテリーナでもいいのかも・・・・happy01

投稿: haru | 2008年6月 1日 (日) 20時31分

>haruさん
確かにこだわってますが、あくまでも「私が」艦長の名前をどう書くか、どう呼ぶかということで、ほかの方がどう呼ばれようと、艦長だということが分かればそれで全然OKです。それに、音というのは人それぞれですし、英語って日本語にない音がたくさんあって(っていうか日本語が少ないですよね)表記の仕方ってほんと千差万別ですからね。
そういえば、私は未見なので詳しいことは知りませんが、TNGに「Katherine」というファーストネームの女性がいませんでしたか?この名前は多分「キャサリン」と(私も)聞こえると思いますし、そう聞きならしてる人は「Kathryn」を聞いても同じように聞こえるかもしれませんね。

投稿: 浅木 | 2008年6月 1日 (日) 21時14分

こんにちは。
ウチの方へお越しくださいまして、ありがとうございました。

キャスリン艦長Love(はあと)なブログですね(^^)
たくさん記事があってどれに書き込もうか迷いましたが、
(以前の記事ですみませんが)ウチの方でも触れられていた、
呼び名の件のこの記事を選ばせていただきました。

>「Katherine」や「Catherine」「Katharine」

これらみんな違うスペルだということを初めて知りました(^^;)ゞ
「キャサリン」「キャサリーン」等は全てカタカナ化のときのブレだと
思ってました。ジェインウェイ艦長の場合は、
ワタシも(原語スペルから)「キャスリン」だと思います。

投稿: yonetch | 2009年4月19日 (日) 21時36分

>yonetchさん
ようこそ、いらっしゃいませませ~。前記事掘り起こし大歓迎です!しかも、結構気合入ってた(笑)呼び名考を上げてくださるだんて(嬉泣)。
>>キャスリン艦長Love(はあと)なブログですね(^^)
は~い、その通りです。かなりハマりこんでます。このブログに書けるのは、その僅かな片鱗だけです。
カタカナ化したときの違いは、アクセントをどこに置くかでも変わってきますよね。第一音節だと
「キャサリン」になるし第3音節だと「キャサリーン」って。そう言う意味では、艦長の「Kathryn」だけは2音節ですね。でもやっぱり、聞こえ方に個人差が大きいですから、難しいですね。

投稿: 浅木 | 2009年4月20日 (月) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/21250681

この記事へのトラックバック一覧です: キャスリン呼び名考:

« 第127話「Dragon's Teeth(亜空間制圧戦争)」 | トップページ | 第128話「One Small Step(電磁空間アレース4)」 »