« Elizabeth | トップページ | 第126話「Riddles(魂を探した男)」 »

第125話「Alice(アリスの誘惑)」

 パリス、落ちる。

※ネタバレです。

 ブリッジでトゥヴォックの年をあてっこするトムとハリー。でもセンサーのブザーが鳴ります。作戦室から出てきた艦長と副長(2人で何してたのかしらん?)が通信に応じると、そこはアバドンという商人の廃品売場でした。

アバドンの接待はニーリックス。天体測定ラボで商品を物色しているのはトム・ハリー・セブンです。トムはその中のおんぼろ船に一目ぼれ。

副長に買いたい物のリストを見せるニーさんトムハリー。中には文化遺産なんてのもありますが、最後はあのおんぼろ船です。神経インターフェイスが付いてて、トムは自分の時間で直すと言ってます。

おんぼろ船は一人乗りで荷物もあんまり積めません。しかし、トムは船にアカデミー時代のマドンナの名前をつけました。ハリーと一緒になんとか動かそうとしますが、一瞬神経につないだだけでまたパワーが落ちてしまいました。ハリーはもうお疲れ。パワーが落ちたはずの船を残して2人が去ると、船は再び起動します。トムの声をもとに、女性の声が作られました。

部屋にいたトムに、そのアリスの声が聞こえます。声に導かれて、トムはアリスの元へ。

翌朝から、トムはアリスの修理に没頭します。フロントもピカピカに磨いて、さらにはアリス仕様のパイロット服まで着こみます。

船から離れているはずの機関室で、ぶつぶつアリスに話しかけながら、アリスをEPSリレーにつなぐトム。そこへ、約束をすっぽかされたハリーがやってきました。まだ「キャプテンプロトン」をやってたんですね。んで、アラクニアはまだキャスリン・ジェインウェイのままなんですか?(笑)ところがトムは、大好きなはずのプロトンよりアリスを選びます。

アバドンの星図は古くて役に立ちませんでしたが、ゴミだと思った文化遺産は貴重な鉱石でした。

修理が大方済んだアリスを祝して、トムはベラナとシャンパンで乾杯です。その最中に、また故障が起きますが、色っぽい声のアリスに夢中のトム。あきれるベラナです。

アリスの部品を要請しに行ったトムですが、副長は却下ついでに少しアリスから離れるように言いました。勤務がおろそかになっているトム、制服もしばらく着てません。素直に忠告を聞いたトムですが、向かったのはアリスのところ。言い訳をしにきたトムには、アリスその人の姿が見えていました。地球人女性で、あのパイロット服を着ていたアリスは、制服に戻ろうとしたトムを止め、修理が終わったらヴォイジャーを去ろうと言い始めました。そうはしたくないというトムの言うことを聞き、「休んだら?」と言うアリス。トムをパイロット席に座らせ、インターフェイスを開始。そして「もう少し修理を続けない?」と。

トムは、ヴォイジャーの部品を盗みにかかっていました。そばにはいつもアリスがいて、唆します。無精ひげをはやし、ますます病んでいくトム。修理を強行して、明日出立しようとしています。天体測定ラボで星図を作っていたところをセブンに見つかりましたが、アリスに言われるままその場を去りました。

機関室。ハリーに愚痴っていたベラナは、トムが部品を盗んだことに気づき、アリスの元へ。何気なく船内に入ると、ハッチが閉まり、生命維持装置が停止しました。空気が無くなり、苦しむベラナ。そこへ入ってきたトムは、この状況にもベラナを責めます。しかし、もうおかしいと気づいたトムは医療室に向かいますが、アリスと深くつながってしまったトムの体は、苦痛さえもアリスの思うがまま。結局は、そのままシャトルベイへ。

艦長にあったことを報告したベラナ。最初はただの痴話げんかかと思っていた艦長ですが、トムはドクターに診せたほうがよさそう…と言っている間に、無許可で発進する船が報告されます。

発進したアリスは、ヴォイジャーの攻撃をかわしてワープに。もちろん痕跡も消してます。飛行服ごとアリスにインターフェイスしたトムは、もうトムではないみたい。

アバドンの所へ帰ってきたヴォイジャーに、彼は冷たく対応します。しかし、見逃したお宝を返して欲しくて、ことの真相を白状しました。

アリスは、神経インターフェイスが作り出した幻でした。アバドンもまたアリスに取りつかれていましたが、彼ではパイロットとして役不足で、新たなパイロットを彼女にあてがったのです。

天体測定ラボでトムが作っていた星図を再現したセブン。艦長は、その目的地に「粒子の泉」を見つけます。その現象では、艦隊の船さえもいくつもなくなっているのです。

トムを追って泉まで来たヴォイジャーですが、トムは聞く耳持たないし、アリスを攻撃すればつながっているトムの神経を痛めてしまう。艦長は、通信を使ってベラナの神経をトムの頭の中に送り込み、気をそらせました。そのすきに、トゥヴォックがシールドを落とし、トムを転送。アリスは、コントロールを失って泉へ落ちていきました。

正気に戻ったトム。ナオミからのお見舞いカードをもらって、自分のしたことを後悔してます。

トムらしいっちゃらしいエピ。単発として面白いものですけど、結局何が言いたかったのかよく分りません。

今回のお題。原題は「Alice」で、そのまま。邦題「アリスの誘惑」。「アリスの行く先」とかのほうが良かったかな。でも、それだけって感じです。

|

« Elizabeth | トップページ | 第126話「Riddles(魂を探した男)」 »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/21064374

この記事へのトラックバック一覧です: 第125話「Alice(アリスの誘惑)」:

« Elizabeth | トップページ | 第126話「Riddles(魂を探した男)」 »