« 機械と私。 | トップページ | 第139話「Child's Play(苦悩するボーグ・チャイルド)」 »

チャングマ~

 アジュ~オナ~

※「チャングムの誓い」のネタばれします。

 せっかく退院して来たノートPCにろくに向かわず、今見ているのは専ら「チャングムの誓い」のDVDです。もちろん、一日一回は艦長のお顔を拝見してはいるんですが…。

 もともと、チャングムが女官時代に師となったハン尚宮が好きで見始めたのですが、改めて見ると突っ込みどころ満載のドラマです。もとはと言えば、チェ尚宮が女官時代に犯したミスによってはじまったこのストーリー。ところが、10年近くたって、姪のクミョンが呪いのお札を隠し損ねた時、めっちゃ厳しく責めるんです。「お前にはがっかりしたわ!」って、あんたが言うなよ。

 今はもう、追放編に入っています。ちょうど倭寇が出てきたんですが、その日本語がかなりおもろいのです。吹き替えし直してるのも分かります。よく見ると、戦い方や服装にまたまた突っ込みどころ満載んですが、まそれは大河ドラマなんかで朝鮮や唐の使者が出てきた時に向こうの方も感じていらっしゃるでしょう。

 なんだかんだ言って、最終的にかわいそうだったのはやはりクミョンでしょう。ずっと想い続けたチョンホはチャングム大好きだし、チェ一族の方針は最後までやりきれなかったし。料理の腕は超一流で、自分の信念に従ってまっとうな道を歩いていればなんとでもなったでしょうが、チョンホとチャングムの話してるのを見て「私にはチェ一族しかいない」って…。そういう意味で、当時の朝鮮では後ろ盾やどの尚宮の下で育ったかが大事だったんですねぇ。最後には、チャングムにあの手紙を渡して去っていくところに、彼女の本当の姿がありましたね。クミョンが残していったサリョンちゃんはどうなったのか気になるところです。チェ一族という強力な後ろ盾がなくなったどころか、おそらく罪人の関係者として冷遇されることになるだろうし、チャングムがそうだったように、成長して自分の叔母や一族が滅ぼされたことを知ったら…。

 余計な心配はこの辺にして、さっさと最後まで見て、ヴォイジャーに戻りたいなと思います。

|

« 機械と私。 | トップページ | 第139話「Child's Play(苦悩するボーグ・チャイルド)」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

艦外(VOYの外で)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/22849572

この記事へのトラックバック一覧です: チャングマ~:

« 機械と私。 | トップページ | 第139話「Child's Play(苦悩するボーグ・チャイルド)」 »