« Paradox | トップページ | さっぱり…(;一_一) »

第143話「Fury(帰ってきたケス)」

 全部、あんたのせいよ!

※ネタバレです。

 ヴォイジャーの作戦室。艦長が窓の外を見つめています。そこへ呼び出されたトゥヴォック。艦長は、親友だと思っているあなたに隠し事があるわね、といいます。それを解明するために、膨大な量のデータを調べ上げた…おっと、ただ事ではない雰囲気。レプリケーターに向かった艦長がとりだしたのは、ろうそくを立てたケーキでした。あらー、お誕生日なのねトゥヴォック!ってか、それって士官名簿の基本データに載ってないんだ。ろうそくを消すのはバルカンの習慣ではないといいながら、艦長のためにろうそくを吹き消すトゥヴォック。嬉しそうな艦長。この笑顔はほんと絶品です。

 ブリッジに呼ばれた2人が出ていくと、小型船が近づいてきていました。スクリーンに映ったのは、年老いたケスでした。弱った様子の彼女は、通信を切るとそのままヴォイジャーに衝突してきました。 ケスは衝突前に転送で乗船していました。そして、彼女が歩いた後の隔壁は、次々と爆発していったのです。

 11デッキで次々と隔壁を爆発させながら歩くケス。フォースフィールドもフェイザーもきかず、神経エネルギーでクルーをふっ飛ばします。機関室に侵入し、ワープコアに触れたケスは、コアを守ろうとしたベラナを殺し、消えました。

 再びコアの前に現れたケス。するとすぐに若いころのケスに姿を変えました。そこへ現れたのは、しんだはずのベラナ。少し様子が違うようですが…。ケスは艦長がこの船になじんだ方がいいから見学に来たといいました。

 ここは、ヴォイジャーがδ宇宙域にきて2か月ほどの時間。彼女はタイムスリップしたみたいです。ドクターをごまかしながら医療室から薬を持ち出したケス。その時間の本物の自分がいる空気栽培室に向かいました。彼女に薬を注射し、バッジを奪いました。

 食堂。昔のへんな帽子をかぶったニーリックスがいます。艦長に持っていくコーヒーを準備しながらですが、彼と話すケス。思わず笑顔になるケス。

 作戦室。髪の毛アップの艦長と、副長がヴィディア人について話しています。トゥヴォックから呼び出しを受け、出ていく艦長の手元に、コーヒーをこぼすケス。「このデスクはコーヒー飲むの慣れてるから大丈夫よ」と出ていく艦長。あの、まだ就航してから2か月で、そんなにコーヒーこぼしたんですか? 艦長が出て行ってから、ケスはデスクにあるコンピューターで、なにかを調べ始めました。

 ブリッジ。ワイルドマン少尉が、ヴィディア人に対する神経剤を発案している間、ブリッジを通って出ていくケスをふと見たトゥヴォックは、何かを感じたようです。

 会議室。ヴィディアを避けるための会議の最中です。ドクターはビューでの参加、副長が意見を求めるのは決まってベラナ。トゥヴォックは、調査にシャトルではなくデルタ・フライヤーをだせば、と言ってしまいます。まだできるまで何年もあるのに。本人はほかの船と混同してしまったようだといいますが、なんか変。

 なり変ったケスは、シャトルでオカンパへのコースを表示させてます。そこへ、トムが。ホームシックだとか、操縦を習いたいとか、いろいろ誤魔化して出て行くんですが…何を考えてるの?

 廊下を歩くトゥヴォックがターボリフトを開けると、そこからナオミが出てきました。もちろん、この時間ではまだ生まれていないはず。ナオミを追って入った第2貨物室では、再生するセブンとボーグチルドレンを見たトゥヴォック。と、そこでクルーに声をかけられ、はっと我に帰ると、そこはただの貨物室。

 部屋に帰ったケスは、ニーリックスが心遣いで用意してくれた音楽や食卓をなぎ倒し、ヴィディアに連絡を取りました。ヴォイジャーを捕獲させる手伝いをし、その代わりに自分ともう一人を安全にオカンパへ帰してほしいと言いました。「仲間を売るのか?」と問われ「仲間じゃない。彼らは私を見捨てた」と答えました。なぬー?!

 空気栽培室に来たケス。眠らせた本物の自分の体をチェックし、ヴォイジャーの戦術データベースに強制アクセスしました。

 トゥヴォックは、自分の見たものを艦長に報告。もちろん、なんのことか分かりませんが。艦長は、彼の周りを継続的にスキャンするように対策をとりました。

 危険な領域で細かいチェックをしながら飛行中、トゥヴォックはまた幻覚を。医療室に行った艦長に続き、トゥヴォックもブリッジを出ていきました。

 医療室。ドクターと仕事をしているワイルドマン少尉のことを、そっと尋ねます。彼女が妊娠していることを聞き出したんですが…。あんりゃ、変じゃない?このとき、つまり2371年の5月末の時点で妊娠してたってことですけど、ナオミが生まれたのは翌年の7月。そういえば、クタリア人の旦那さんはDS9にいるし…。という疑問ですが、ドクターの一言で解決です。「クタリアとのハーフですので、妊娠期間は倍に」…って象じゃないんだから。どうしてそれを知っているのかというドクターを無視して、艦長は出ていきました。

 幻聴に囚われたトゥヴォック。機関室で、ベラナが死んだときの映像を見て倒れます。痙攣を起こした彼の治療に当たるドクターですが、ケスの細工でうまくいきません。

 何とか安定したトゥヴォック。艦長は仕掛けておいたセンサー記録で、時間のゆがみによって発生するタキオンを感知。ケスになにか感じないかと聞きます。もちろん、彼女が張本人だとはつゆ知らず。だんだん危なくなってきた…。

 ヴィディアを避けようと入った領域ですが、ケスの送った戦術等々のデータを利用して、彼らはヴォイジャーに乗り込もうとします。ワイルドマンたちが作った薬も、環境制御がやられて使えません。と、その時副長が空気栽培室からの通信信号をとらえました。そこにいるのは、2人のケス。それを聞いた艦長、空気栽培室へ向かいました。

 艦長によって通信やデータや転送などが遮断された空気栽培室。ケスは本物のケスを起こして、連れ出します。

 ブリッジでは副長の指揮でヴィディアの船を何とか引き離そうと奮闘。艦長はヴィディアの攻撃をかわしながら、ケスが自分を抱きかかえながら出ていこうとする空気栽培室につきました。ケスはフェイザーの飛び交う廊下に出ていくことができず、艦長と対峙。「なぜ?」と問われ「あなたは私を洗脳して故郷から連れ去ったの!」と。ヴォイジャーから去ったのも、艦長の勧めだったと。その後、ケスは自身の進化をとめられず、恐ろしい自分になってしまったのです。

 ブリッジでは、副長の力ずくの作戦で、何とかヴィディア船から離脱しました。艦長は、神経エネルギーで向かってくるケスにやむなく発砲。死んだケスは、元の年老いた姿に戻りました。

 回復したトゥヴォックは、自分の見た幻覚を艦長に話します。ちょうどケスが目覚めたこともあって、艦長は3人だけの秘密で防衛策を講じました。

 そして6年後。最初の、作戦室のシーンに戻ります。同じセリフですが、表情やアングルが微妙に違います。取り直したんでしょうね。で、同じようにオカンパ人の乗った船が近づいていると報告を受ける艦長…。そこからは、前回と違いました。艦長はケスの事件を思い出し、先に11デッキのクルーを退避させ、シールドを張りました。同じように衝突しましたし、ケスは11デッキで隔壁をブッ壊しながら進みますが、そこには誰もいません。艦長は副長にワープコアの停止とブリッジを任せ、トゥヴォックとブリッジを出ました。

 年老いたケスが機関室に現れると、コアが停止して、昔の自分が姿を現しました。昔のケスは言います「全部決めたのはあなた。復讐は間違っている」と。そして消えました。それは、あの事件の後、ホロレコーディングをしたものでした。ケスは、混乱した心の中で忘れていた昔の自分や、いい思い出を思い出しました。

 「それでも帰るの?」という艦長や、さびしげな顔で見つめるニーリックスですが、それでもケスは帰っていきました。転送機の前で立ち尽くす艦長に、ほかのクルーには?と問うトゥヴォック。「道見迷ったから、帰り途を聞きにきただけよ」と答えた艦長の声は、震えていました。

 ケスファン始め、大ブーイングが起きたこのエピ。まぁ確かに、なんちゅう逆恨みって感じですし、ケスってもっと賢かった感じだったので、この姿はちょっと…。「9歳のケス」の時の方がしっくりきますね。しかし、ケス考でも書いたとおり、7歳という年齢に相応する姿ではありましたね。特に、3年も一人でいて、誰からも何も教えられなかった少女は、こういう風になっちゃうこともあるでしょう。むしろ昔のほうが大人過ぎたのよ。

 それにしても、ブリッジでの勇ましい副長が見られたり、ワイルドマンママや死んだクルーが出てきたりして(欲を言うならセスカに出てきてほしかった)、見ごたえはありましたが。作戦室での艦長と副長の様子が、長年のコンビの雰囲気から抜け出せていなかったり、ドクターが全然横柄じゃないし、いまいち詰めが甘い。そして、エピの結末に無理があるんですよね。考でも書きましたが、こんなことがあって、この事態を阻止しようとするなら、ケスはヴォイジャーを去らなかっただろうし、もし去ったとしてもオカンパの母星にすぐ帰ったんでは?

 今回のお題。原題「Fury」は「激しい怒り、激昂」でしたか。邦題「帰って来たケス」ってまあそのまんまなんですが…。普通に「怒り」でいいんでない?

|

« Paradox | トップページ | さっぱり…(;一_一) »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
このエピ、初見の時は違和感しかありませんで…。
最初ただのホログラムで「そんな機能はない」ってばっかり言ってたドクターに「出来るわよ!」ってプラス思考のアドバイスしてたケスなので、ココまでマイナスに陥るかな~ってのがあって。
まぁ人間だから一時的に落ち込むことはあるだろうけど、このエピのケスってばヴォイジャーを陥れようと計画的。単にマイナス思考になったレベルじゃなさそうだし…とか思ってましたが、浅木さんの
>誰からも何も教えられなかった少女は、こういう風になっちゃうことも…
という見解で、今ならある程度納得行くかなぁ。
でもタイムパラドックス(?)の問題は残りますよね。

投稿: 幽人パリス | 2008年10月 2日 (木) 21時01分

>幽人パリスさん
そうそう、ケスってもっとプラス思考でしたよね。ある意味、意志や思いが強いって感じでした。自分の能力を確かめようと、自分の変身していく先を確かめようと、希望に満ちて出て行ったはずなのに、いったい何があったん…?てなもんですよ。
>>でもタイムパラドックス(?)の問題は残りますよね
それです。2回目にケスが帰ってきたとき、艦長は「忘れてたわ…」とおっしゃいましたが、ケスが出ていくと言い出した時に、その結末がどうなるかを知っていたんなら、思いださないはずがない、と思うのです。VOYも後期で煮詰まってくると、時々こういうエピが出てきますよね。

投稿: 浅木 | 2008年10月 3日 (金) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/24134741

この記事へのトラックバック一覧です: 第143話「Fury(帰ってきたケス)」:

« Paradox | トップページ | さっぱり…(;一_一) »