« 第142話「Muse(ヴォイジャーの神々)」 | トップページ | Paradox »

あの日

 もう7年ですね。

 あの日、というのは、ご存知9・11同時多発テロ。あのテロによって、21世紀の始まりはあの日ツインタワーから立ち上った煙のように灰色に塗りつぶされてしまったように思える時があります。あれからアメリカは、世界は、なにかきな臭くどんよりしたものに覆われてしまったような…。

 私は、あの日オーストラリアにおりました。現地の12日になってから、朝の音楽番組を見ようとテレビをつけると、まるで昔の映画のようにダークグレーに染まった画面が一面に映し出されました。PVかと思ってしばらく見ていましたが、音楽もセリフの一つもなく…。あの異様なシーンは、今でも忘れられません。結局何が起こったのかよく分からないまま、通っていた大学の外国人クラスへ行くと、先生が「アメリカで飛行機が落ちた」と。日本人が何人かいたそのクラスでは、「オウムの再来か?!」なんて言ったりもしていました。本当は、もっと根深いものが渦巻いていた、なんて知りもしないで。9月末に帰国する予定でしたが、その後の航空機離れで急速に業績を落とした航空会社が倒産して、急きょ滞在を伸ばしたりもしました。

 その後のいろんな戦争はまた別の話として、あの日4機の飛行機と2つの塔で亡くなった人のご冥福と、心身に傷を負った人の回復を、今は祈るばかりです。

|

« 第142話「Muse(ヴォイジャーの神々)」 | トップページ | Paradox »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

艦外(VOYの外で)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

もう7年もたつのですね。
9.11は、様々な形で今も語られています。
これからも騙り続けて欲しいですね。

でも、その後のアメリカの行動は・・・・angry

投稿: haru | 2008年9月13日 (土) 21時10分

こんばんは。
う~んと、スタトレ映画で一番好きなのが1996年公開の「STNGファーストコンタクト」なのですが、その中で過去にタイムスリップしたクルーの語っていた明るい未来を、当時は憧れとともに信じてましたが、今はそりゃムリだろーと言う感じで、リアリティがなくなってしまいました。^^;
そういう意味で、SF界にとっても大打撃だったと思います。

投稿: 幽人パリス | 2008年9月14日 (日) 00時02分

>haruさん
本当に。当時○才でしたから…う~ん、年くったって思います。でもまだ10年も経っていないのに映画が2本つくられていることに驚きも感じます。私は当時の記憶がまだ鮮明なので、見ることができずにいますが…。

投稿: 浅木 | 2008年9月15日 (月) 06時09分

>幽人パリスさん
>>SF界にとっても大打撃
そうですよね。VOYでも、艦長が地球のことを「戦争も貧困もない世界」って言ってますから、当時はそういう感覚だったんでしょうね。特に、STはアメリカの社会が基盤になってる設定ですし、今のアメリカに、果たして世界をリードする倫理観があるのか、と問われると難しくなってくる…かもしれませんね。

投稿: 浅木 | 2008年9月15日 (月) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/23674621

この記事へのトラックバック一覧です: あの日:

« 第142話「Muse(ヴォイジャーの神々)」 | トップページ | Paradox »