« 第157話「Shattered(対決する時空)」 | トップページ | Kathryn's log HP版を作りたい »

「いくつかの境界線は越えていません。そう言っておきます」

 第157話「Shattered(対決する時空)」のラスト近く、ワープコアの前で交わされたこの会話には、艦長ファンや副長ファン、またJ/Cを望む多くのファンにとって、どう取っていいかという議論になりうる一言。

※全シリーズのネタバレです。

 このとき、艦長はマークとのラブラブ通信を終えたばかりでしたから、それを思うとまぁ副長はこう言うしかなかったんだろうなぁなんて思ったんですが。

 J/Cを望む浅木としては、これは副長の誤魔化しだったというのが一番しっくりくる解釈です。ニュー・アースではそれこそ同棲同然の生活をしていた2人ですから。それにこの回で、セスカにしろケオティカにしろ、その時の状況で話を合わせていたので…。

 この「境界線」というのはどういう意味なのか。一般的には「恋人になる」というもっとも初歩的な解釈になっています。「いくつかの」ってところがミソなんでしょうね。恋愛のあらゆるステップを全否定して「艦長と副長は何にもなかった」とこにしちゃったわけですね。

 大体、9人のレギュラーの中で、すでにトムとベラナがくっついている以上、チャコティとキャスリンがくっつくわけにいかないというドラマの事情は分かります。それじゃあんた、それこそ昼ドラ並みでしょう。「スタートレック」がそれではいけません。トムたちが別れでもしない限り、艦長たちには恋愛役は回ってこないでしょう。そして主役として、しかも船のTOPとして、また「決断」を下した艦長として、艦長は私生活を捨ててきた感があります。そんな中で、副長とは微妙なラインの上を綱渡りして来たようなもの。

 例えニュー・アースで結ばれたと仮定しても、その後ヴォイジャーに戻ったときのあの感じは、2人が「艦長」と「副長」であり「友」に戻ったことを如実に表していました。それがどんなに辛かったかも。しかし、それが時を経るにつけてどうなったかということは分かりません。一般的な恋人同士と同じにはいかなかったかもしれませんが、どう考えても特別でしょうと思わせるシーンが、そのあと多々ありました。私は特に生命体8472のエピでそれを感じました。自分の作戦を支持してくれると思っていた副長が。結局私は独りなのねと呟いたあの表情。どう見ても「女性」でした。「艦長」なら、副長の反対などそれほど傷つく事項ではないはず。

 今回の157話では、オフでの副長と艦長の会話が見られます。艦長はあまり変わりませんが、副長はため語で本当にリラックスした様子。警報が鳴った途端敬語に戻ったりもするので、長年こういう関係を続けてきたことが伺えます。

 「境界線」とは「公私混同」を意味するのでは、と思ったりもします。普通よりもプライベートと仕事が近しい状況の中では、逆に普通よりもきっちりこの二つを分ける必要が、船のコマンドを握る二人にはあった。厳密に言うなら、二人きりの時でも、作戦室でなら艦長と副長の姿勢をある程度保つ…そんなところでしょうか。いざという時には、何でも利用しなければならない命がけの旅路ですから、時には「キャスリン」と呼んで二人だけのメッセージを伝えることもあります。しかし、船の業務には、クルーには、絶対に影響を与えない。そんな決意の末に、2人はこんなスイッチを習得しなければならなかった。悲しいことに。

 でもでも、だからって2人が愛し合っていなかった証拠にはならな~い!ことあるごとに「友人」だと繰り返すセリフが(8472やクアラで)突っ込まれてますが、不自然に聞こえてこの上ない。ほんでま、エピとしてもそれを否定するものが、最終回を含めていろいろあるようですが、これもドラマの構成上仕方なかったものや、艦長に関してはらしからぬものが多々。

 ま、どれも浅木の妄想に過ぎませんが、最後のディナーシーンは…ね。

|

« 第157話「Shattered(対決する時空)」 | トップページ | Kathryn's log HP版を作りたい »

キャラクター論」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
>すでにトムとベラナがくっついている以上、チャコティとキャスリンがくっつくわけにいかないというドラマの事情…
どうでしょう。
ちなみにTNGでは副長とカウンセラーのトロイが過去に付き合ってたことになっててビミョーで(後に映画で結婚)、ピカ艦長とドクターが最終シーズンでデキたりしてます。
なのでそれほどベタベタに描かなければ、カップルが2組あっても行けそうなんですが…。
ちょっと昼メロ的展開になり過ぎかな…^^;。

投稿: 幽人パリス | 2009年7月 7日 (火) 00時41分

こんにちは。
いつも訪問ありがとうございます。

恋愛関係なら、DS9は複数が同時進行ですよね。
シスコは恋人を見つけて婚約。
ウォーフはジョッジア・ダックスと結婚し、彼女の死後、エズリと微妙な関係に。
オドーとキラも恋人同士になります。

ジョッジアは最初の頃、女性とのキスシーンなんかもあって、それはさすがにビックリしましたが。


「宇宙大作戦」の時は、カークとジェニーが恋愛関係にならないよう、ジェニーを転勤させた、らしいですが、宇宙大作戦が作られた頃とは時代がちがうと思います。
複数の恋愛関係を・・・というのは、あまり考えていないのではないか、と、私も思います。


私も艦長と副長の関係にはかなり気をもんだりしました。
でも、セブンの登場で、微妙になりましたよね。
艦長と副長の関係に気付いたドクターが、セブンをけし掛けた・・・・なんて想像はいきすぎですか?

投稿: haru | 2009年7月 7日 (火) 10時33分

>幽人パリスさん
>>TNGでは副長とカウンセラーのトロイが…中略…ピカ艦長とドクターが最終シーズンでデキたりしてます。
えぇっ!そうなんですか!?そんだら別にジェンウェイ艦長とチャコティ副長でもいいじゃないですか!ねぇ…。
トムとベラナはちょっと紆余曲折って感じがありましたけど、艦長たちはすんなり大人の恋愛に進みそうな感じですよね。そしたら、コマンドと夫婦の問題とか、別のエピの書き方もあったでしょうに。

>haruさん
こちらこそ、いらしていただいてありがとうございます。haruさんのブログにはそれほどコメントもできず…すみません。
>>恋愛関係なら、DS9は複数が同時進行ですよね…
えぇっ!そうなんですか!?そんだら別に…以下略。
それはTNGよりすごいですね。その「恋愛枠」一個分けてほしかった…。DS9やエンタープライズに比べて、ヴォイジャーは恋愛し易い環境にあると思うのですが。
艦長と副長、確かにセブンの登場で微妙になりましたよね。戦略的にも、歩くデータベースのセブンを利用することが多くなって、昔みたいにマキの作戦使うこと(あるいは、それを提案されること)もなくなったし。
ドクターけし掛け説は…すごいですね。それ、Ficのネタに提供していただいてもいいですか?

投稿: 浅木 | 2009年7月 8日 (水) 00時36分

こんにちは。

>ドクターけし掛け説は…すごいですね。それ、Ficのネタに提供していただいてもいいですか?

どうぞ、使ってください。
でも、私の名前はださないでね。wink

投稿: haru | 2009年7月10日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/30411100

この記事へのトラックバック一覧です: 「いくつかの境界線は越えていません。そう言っておきます」:

« 第157話「Shattered(対決する時空)」 | トップページ | Kathryn's log HP版を作りたい »