« 新年のご挨拶 | トップページ | 祝!VOY再放送開始! »

第159話「Repentance(宿命の殺人星人)」

 どうして人を殺すのか。

※ネタばれです。

 いきなりですが、緊迫した空気で始まります。コンジットが破裂した船から、乗組員他乗員を救出します。船は囚人を輸送する船。重傷で医療室に転送された二人のうち、1人は意識不明、1人はセブンを人質にとってドクターたちを脅してました。

 囚人を説得しに医療室に来たイエディック所長が話している隙をついて、セブンが彼に一撃を加えると、囚人はドクターを代わりに取りました。もちろん、ホログラムのドクターですから、ナイフでは脅しになりません。トゥヴォックたちは遠慮なくフェイザーを発射。

 作戦室で、船のTOP3がそろいぶみ。イエディックは謝意を述べるとともに、脱出ポッドを使わなかった理由を「囚人を逃がすわけにはいかない」と。彼らの行き先は母星。囚人たちに死刑を執行するためでした。あいにく方向が逆なので、彼らを送って行くことはできませんが、数日ここにとどまって囚人の管理に協力することになりました。艦長は…たぶん副長も、死刑の片棒を担ぐようでいやだと。しかし、内政不干渉の誓いを守ると、艦長は宣言しました。

 セブンの心配をして医療室にやってきた艦長。意識のなかった囚人とともにフォースフィールドに閉じ込められているあの人質囚人が声をかけてきました。ここから出さなければ皆殺しにするといきがってみせる彼らを、艦長は監房に転送しました。もともとの職員に、ヴォイジャーの保安員が常駐。でも、艦隊規則に則って、ちゃんとした食事が与えられます。

 ドクターはトゥヴォックの放ったフェイザーでマトリックスを修理する必要が出て、セブンに治してもらっていました。でも、彼は医師として、死刑の執行に手を貸すような艦長の行為に、疑問を感じています。あのねドクター、艦長だって好きでやってるわけじゃあないんですよ。

 あの人質囚人アイコは、所長のことを挑発して制裁をくらいます。フルボッコにされたアイコは、再び医療室に。

 作戦室で虐待を重く見て、ナイジアンの所長たちが監房代わりの貨物室に入ることを禁じました。所長はトゥヴォックに囚人たちの監視は無理だと捨て台詞を吐いていきました。艦長、フラストレーション溜まりますね。

 フルボッコにされたアイコは、医療室でナノプローブを使って彼の脳にできた浮腫をバイパスさせるつもりです。セブンは死刑になるものの命を救うことに疑問の様ですが、ドクターは、船にいる限り死なせないと。そりゃ、船で死刑を執行しているみたいでやだよね。

 食事の配給に現れたニーリックスに、アイコをからかったりしていた囚人がまた話しかけました。聞かれてもいないのに、彼は自分の罪を話し始めました。彼は所長やアイコたちと違ってベンカランという種族で、殺人事件現場の近くを歩いていたら逮捕されたと、人種差別による冤罪だと言いました。

 治療が無事行われたらしく、アイコが目を覚ましました。お礼を言ったりして、なんだかちょっと感じが違います。

 ニーリックスはベンカラン囚人ジョレッグの話を信じて、ナイジアンの司法制度やジョレッグの裁判記録を取り寄せていました。トムたちは人種差別での死刑という話に懐疑的ですが。

 医療室では治療がてら、ホログラムについて話すドクター。なんだか変わってしまったアイコに異変を感じていました。急に腹が痛みだしたアイコは、自分が殺した男の顔が頭から離れないと言って苦しみだしました。彼曰く、こんな罪悪感を感じたのは初めてだそうで。アイコはナノプローブのせいで、過剰な罪悪感に苦しむ罰だと思っているようです。それいい罰だね。これはドクターたちの予想の範囲外だったようで、ナイジアンの医療記録を参照させてもらうことに。

 セブンはアイコに乞われて、医療室にとどまりました。天体測定ラボの話をすると、幼いころ、自分で星座を作って遊んだことを話します。16の娘たちのに囲まれたオネラ「母さん」も、そのひとつでした。

 ジョレッグはニーリックスと仲良くなり、カディスコットまでしていました。彼の量刑を決めたのは被害者の遺族だそうで。そりゃ死刑が多いわな。司法制度自体には依存がないみたいですが、死刑を回避して賠償金を払うには、罪を認めることになるからいやだというジョレッグ。他に何か…とニーリックスが言うと、弟に手紙を送りたいとジョレッグは言いました。

 セブンはアイコにほだされて、天体測定日誌のコピーを渡してあげましたが、彼は星の姿を見たいと言います。アイコは次に、セブンのインプラントを埋め込まれた時「痛かったろ」と。セブンは覚えていないと言いますが、まぁウソでしょうね。アイコの「俺も人を傷つけた。死んで償うしかない」という言葉に、セブンは何かを感じたようです。

 アイコの脳は、先天的に暴力を制御する能力や後悔する機能が欠けていたようで、ナノプローブの治療によって偶然それが治療されてしまったようです。今の彼は別人だというドクターやセブンの言葉に、艦長も考えるところがありました。

 会議室。アイコに起きた医学的な出来事から、彼には死刑囚として上訴の権利があると説明する所長さんですが、彼はアイコが犯した罪は消えないと言ってます。個人的に彼がお嫌いなようで。そんでも、しぶしぶですが上訴の手続きをしてくれることになりました。

 肝心のアイコさんは、死刑を受け入れるつもりだったようです。セブンは告白します。インプラントを埋め込まれたのは人生で最も深い痛みだった。そして同じように他人にインプラントを埋め込んだ。今は制御できる彼女自身と、アイコのことを重ねてるんでしょうかね。

 独房に戻ったアイコは、いつも飯を取り上げていたジョレッグのお隣さんに飯をやってくれと言いました。人が変わった彼に、みんな驚いています。

 作戦室に呼ばれたセブン。遺族が上訴を拒んだという知らせを聞いて、いささか感情的になっているセブン。所長の前では冷静にナイジアンの法に従った艦長。彼を作戦室から出して、やたらとこだわるセブンに訳を聞きます。セブンは、ボーグとしての人生から救われた自分のように、アイコにもチャンスを上げたいのだと言いました。艦長はこれにはほだされず、集合体で犯した罪をアイコの罪が軽くなることによって赦される気がしているのでは?と鋭いツッコミ。集合体で犯した罪で、自分を責めるのはおやめなさいと諭す艦長。その時、船が大きく揺れました。

 ヴォイジャーは急な攻撃を受けていました。奇襲のせいで、独房のフィールドが消え、囚人たちが暴れだしました。しかし、アイコは1人、独房に残ります。

 貨物室を見に行ったトゥヴォックの代わりに、戦略エリアの副長。結構好きです。オールラウンダーなお人だわ。

 何人かの囚人たちはトゥヴォックによって確保され、なぜかベンカランだけを転送しようとしていた船はヴォイジャーの攻撃によって退却。しかし、まだシャトルベイにいたジョレッグは、所長を人質に貨物室に戻り、彼を殺そうとします。そこへ、アイコが現れ、自分が所長を殺すと言ってジョレッグからフェイザーを受け取りました。イエディックに銃口を向け、ジョレッグの高笑いとともに…アイコはそれを所長に渡しました。

 命を助けられた所長は、アイコの変身を信じたようで、遺族に上訴を受け入れるよう説得してくれました。遺族への通信で、後悔の念を語るアイコを、クルーが見つめていました。

 ジョレッグはもうニーリックスの信頼を失っていました。ジョレッグは苦し紛れに、アイコと同じ障害だからドクターに治療してもらって上訴したいと言いました。あきれた男です。

 アイコは艦長の配慮により、セブンと一緒に天体測定ラボで「オネラ」を見ていました。上訴が通れば減刑されるでしょうが、そうなっても彼はどこに行きたいかわからなかった。セブンはヴォイジャーに残れるように頼んでもいいと言いましたが、その時艦長と所長が来て…上訴が棄却されたと告げました。アイコはセブンに「忘れない」といい、独房へ戻りました。涙をこらえるセブンを艦長は一度1人にしました。

 仕事に没頭したセブンのところへ、艦長は改めてやってきました。フェアじゃないとつぶやくセブン。アイコは1人を殺して死刑、自分は何千にも殺して、生きている。艦長はセブンの方に触れ「20年の人生をボーグに奪われた。罰はそれで十分だわ」と言い残して去って行きました。

 えらく久しぶりのレビューになってしまいましたが、重い話でしたわ。艦長が一度も笑わなかった…。

 今回のお題。原題「Repentance」は「後悔、悔恨」ってところでしょうか。邦題「宿命の殺人星人」…。内容とかどうとか関係なく、もっとスマートなタイトルつけられないのか。っていうか、別に種族の性質で宿命的に殺人を犯したわけではないでしょう?「宿命の殺人」だけだったら許すけど。

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 祝!VOY再放送開始! »

REVIEW」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
レヴュー復活おめでとうございます。
色々と考えさせられるエピですよね…。
実際に凶悪犯の脳を調べると、欠陥が見つかる確率が高そうです。それを本人一人の責任に帰しちゃっていいものなのかどうか。もちろん被害者側の気持ちもあるから、簡単に死刑廃止とかは言えませんけど。
そういえば聖書に「悔い改めよ」ってよく出てくるけど、原語では「Repent!」ってなってますね。(幽人の日本語訳では「食い改めよ」ですけどf(^~^;))
「殺人星人」…SFにしたかったんでしょうね。30年古い気がしますが。^_^;

投稿: 幽人パリス | 2010年2月12日 (金) 00時14分

浅木さん、お久しぶりです。
今回は最も典型的なのですが、STに限らずSFもので「○○の××星人」という邦題があまりに多くありませんか?しかも大抵は的外れだったりして。

ところで現在観ているドラマ「トーチウッド」の放送途中にVoyagerの番組CMが入るのですが、その中で「宇宙船ヴォイジャー号」と言っていて、ものすごく違和感があります。

投稿: X^2 | 2010年2月14日 (日) 14時53分

>幽人パリスさん
亀返すみません。
重い犯罪を犯してからではなく、そうなる前にそういう欠陥を治せなかったものなのか…と思いますよね。幼児期から問題行動はあったでしょうし。
「食い改めよ」(爆)最高です。

>X^2さん
ご無沙汰してすみません。「星人」って確かに多いですよね。殺人星人って、ジェムハダーくらいやってくんなきゃ。
「ヴォイジャー号」って、実は初期の吹き替えにさえも出てきた気がします。なんだか…昭和のにおい…。

投稿: 浅木 | 2010年2月21日 (日) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499466/33316319

この記事へのトラックバック一覧です: 第159話「Repentance(宿命の殺人星人)」:

« 新年のご挨拶 | トップページ | 祝!VOY再放送開始! »